直したい日本語(打合せ編)

2017年11月30日 23:08

ここ数週間、客先メーカーとの打ち合わせが連発してて、当然私が相手に報告とかプレゼンする機会が増えていたのだけど、今更ながら「この喋り方でいいのか?!」と思ってしまう自分の”口癖”が気になってしょうがなくなってしまった。
正直出るところに出たら、ホントに私の喋り方のせいでプレゼンの評価がうんたらかんたら・・・とかなりそうじゃないか、そんな機会に恵まれる場合もそうそうない業界なのだけど、ある意味自己嫌悪にも近い状態になったので、折角だから覚書してしまおうと思った次第だ。
こんなものを書いたところで直るかどうか、直らないと思う。

①喋り始め
「あのですねぇ・・・」「え~~っと・・・」
まあ定番中の定番、さすがに私だけの口癖ではない。
喋るのを考えている何秒かを無理やり埋めようとするとこうなるのだけど、この冗長感。
言いたくなるのは理解されそうだけど、ダメな時は絶対ダメな気がする。
「一応ですね・・・」
何気に客先もどいつも使ってくるので、業界の癖か?と思わなくもない。
しかし、喋る側としては理屈も証明もちゃんとあるのに、何故「一応」としてしまうのか、自分でもおかしいと思ってしまうのだからよくない。
自信をもって説明しなきゃ変に突っ込まれるだけだと言うのに、自ら潰しに行っているようなものだ。
更に悪いのは(私の場合だけだが)、わざわざ一応・・・と言った後に「いや、一応じゃないですね」と言いなおす癖までついたことだ。
我ながらこれはバカじゃねえかと思った、直さないと・・・。

②語尾
「・・・としてます”けど。”」
これも皆使う。
文章の通り、けど、なのに終わるのだ。
終わってよくない、「けど」と言った以上は反論がそのあと続くはずなのに続かない上に反論自体が実際はほとんど存在しない。
何でこんな話し方に皆なってしまったのだろうか、と聞くたび(つまりほぼ毎日)思うのだけど、当然ながら一向に答えは無い。
但し、さすがに上級職の人間になってくるとこの話し方をする人はまず居ないので、やはりどこかに違いはあるはずなのだが。。。

③中間とかその他
動詞を繰り返す
「今回〇〇を修正しておりまして、・・・・と言う所を修正しております」などなど
話し方によっては間違いじゃない気もするけど、言ってることを被らせまくるのはくどいしグルグル説明が回ってしまう印象が強いのは私だけだろうか。
これもまた、「話している途中で詰まって黙ってしまうのが怖い」のを何とか避けるために、よーするに間を埋める
無理矢理な手段なのだけど、詰まりそうになってる時点で負けてる気がしなくもない。
カンペよりアドリブの方がまだ得意は得意なのだけど、上手い喋り方はとても実現できていない。

身体の具合

2017年11月19日 22:19

2~3年ほど前に整体、と言うより単なる揉み解しに言った折に結構言われたのが「大分腰が固くなってるので、ホントにぎっくり腰になりかねないから注意したほうが良い」と言うことだった。
半分か三分の一は店のお姉さんの商売っ気もあったかも知れないが、実際の所腰背中の状態はそれ以前から今の今に至るまではっきり言って”悪い”まんまだ。

兎に角風呂に浸かりながら自分で肩を揉んだりしてみても、日によるとは言え明らかにガチガチなことが大半なのだ。
普段がデスクワークなのでそもそも姿勢がほぼ固まってしまうことが何より大きい理由だと思う。
毎日クロスバイクで走って通勤していても、一番身体を動かしているのは腰より下の脚部ばかりなので体力は流石に向上しているとは思うけど、かと言って腰や背中が良くなるわけでは当然ない。
今日になって久方ぶりにまた揉み解しの店に行ってしっかりと背中も腰もグニャグニャと揉んで・・・と言うよりどちらかと言うと握力で潰してもらうような・・・感じがしなくもなかったけど、1時間ほどひたすら解して(ほぐして)もらってみた。

施術してくれた兄ちゃんはさすがに栃木県民なのか妙に自転車に詳しかったようで(整体とは別に自転車屋もやってるらしい)、私のカバンの銘柄が”BIANCHI”だったのを目ざとく気が付いて自転車の会話も何故か盛り上がってしまったのだけど、やはり感じとしては「大分腰と背中が固いですね・・・」と少々心配されてしまった。
嫌なのは腰の具合がヘルニアと言うほど悪い訳でもないのだけど、どうにも影響は良くないようなのか腰回りを解してもらってるのに、痛いと言うか痺れるような感覚が起きるのが実は太腿だったりすることだ。
ヘルニアでよくある神経を圧迫しているとかいう例の状態が、多少なりとも私の背骨にも起きているのだと思う。
そもそも何年か前に実際太腿が痺れるような感覚に襲われて整形外科に掛かったら、案の定「軽度のヘルニア」で左の脚の神経を圧迫しだしているのが判ったことが有るので、恐らく今でもその症状は残っていると思う。
何せ軽度とは言えヘルニアになっている腰がそんな簡単に治ってくれる訳はないのである。

今の今まで深刻な腰の症状になっていないのは、兎に角重い物を持つ時や体全体を使う時に十分用心しながらやっているからだ。
娘を抱っこ紐で運ぶ時も、意識的に姿勢が悪くて負荷が入り過ぎないように警戒してはいるものの・・・実の所抱っこ紐を外すとかなり腰が痛いので、もっと気を付けないといけないのかもしれない。
仕事の内容がすぐに変わる訳がないので、ホントは大人しくもう一度整形外科に掛かって”治療”の世界に入らないといけないのが事実なのだろう。
なかなかそんな長期戦が望める状態でもないのが最大の問題なのかも知れない。

この子と同じ誕生日のお方は??

2017年10月24日 00:00

島田愛里寿の誕生日、ではない!
まさかそんなキャラと誕生日一緒とか、勘弁してくれ・・・なんて突っ込んでいる暇がない。
日が変わる前にちゃんと書いておかないと、と思っていると余計なことばかり頭に思い浮かんでしまうのだから生来の物を書くのが下手くそなのが、ここでは大問題である。

もう後何分か、正確にはあと7時間程度後でうちの姫様兼ご主人様兼マスター兼ライダー兼バーサーカー兼ランサー兼ええっと他には・・・、いやまあ肩書はこの辺でいいだろう。
こんなに1年は早いものなのか、と少々恐ろしいくらいあっという間に2年が経った。
誰のおかげでもあるし誰のおかげでもない、娘は一層健常なまましっかりと2歳を迎えることと相成った。
産まれたばかりの写真とか1年前の誕生日周辺の写真とか動画を見ても、ただひたすら妻と二人で「これ1年前!?」と感動と言うより絶句驚きの連続である。
子供の成長ってホントに早い。

もう少しすればたくさん言葉も覚えて、ドンドン大きくなっていくのだと思うと感動してしまうやら微妙に寂しくもなってしまうやら。
親と言うのはなかなかある意味わがままなもんだとも思う。

子供が2歳、と言うことは私もお父ちゃん3年目に突入なのである。
この子にふさわしいお父ちゃんに私はちゃんと成れるのだろうか。
子供よりも親が問われる時期もドンドン迫ってくるのだろうと思うと、子供より不安になってくる自分も居るが、そんなことをまるで気にせず今夜も娘は元気にお母ちゃんを振り回した挙句にいまやぐっすり夢の中だ。
いや、そんな普通のことが出来ることを何より感謝すべきだろう。

またうちの宝物が元気に大立ち回りする1年を見守る日々が始まるのである。
次の1年、またちゃんとお父ちゃんするぞ。