自転車を貰った

2006年10月11日 20:29

会社の先輩が本社に異動となった.
で,その引越しの際に
「ミヨシケ,自転車いらん?」
と突如申し出があり,自分でも必要なのかそうでないのかいまいち判らなかったのだけれど,結局ありがたく頂くことにした.
経験された方ならご存知だと思うけど,自転車というのはなかなか引越しの時には面倒な代物になるものなのだ.
もとより分解も簡単に出来ないからかさばるし,引越し業者の見積もりにもしっかりと「自転車」と言う項目があるくらいだから,高い自転車でもなければ置いていけるものなら置いていきたい,と言うのが共通した本音なのだろう.

と言うことで,引越しを終えて先輩が去っていった数日後,ようやく時間が出来た自分は先輩が住んでいたアパートに向かい自転車を受け取った,と言うよりはもはや勝手に乗って帰ったと言う方が正しい.
自転車自体はどこにでもあるママチャリで,変速も無いの安物なのだが何故かタイヤ径は27インチと良いものを奢ってある,そこが自分としては頂く決め手になった.
元の持ち主も全然乗ってなかったらしく,汚れも酷いしフレームもスチール製なのでもはや錆だらけだが,タイヤは空気も入れなおしてもらったし,ブレーキもほったらかしの割にはちゃんと効くようだ.
サドルをちょっと高めに設定しいざ自分の家へとペダルを漕ぎ出す.
自転車に乗るなんて一体いつ以来だろうかと年甲斐にも無く心躍ってしまい,一気に下り坂を駆け下りる.
久々の割にはなかなかちゃんと乗れてるもんだと勢い任せに今度は上りに.
が,やっぱり勢いに任せすぎた.
ようやっと上りきった,と思った瞬間一気に脚がガクついて失速.
中学・高校・大学と都合10年間自転車通学していて随分脚も鍛えられたはずなのだが,所詮人も機械も使わなければ廃れるのみ.
よくよく考えれば実に二年以上ぶりに自転車を漕ぐという動作をした自分の脚は,自転車を貰ってから自分の家に着くまで約1.5km程で完全にへたってしまった,鈍りとはこういうものである.

とは言え近所の買い物程度ならこの新しい愛車(しかもこいつも中古)で十分こなせそうなので,ひとまず体力に余裕があったらちまちま乗ってみようと思う.
ひとまずは酷い汚れをどうにかしようかな.
スポンサーサイト


コメント

  1. 羊 | URL | -

    折角なんで

    体力維持のためにも、近所だったらクルマより自転車を使うのをオススメします。燃費もかからんしね。
    まあ、僕には自転車の他に選択肢がないんで必然的にそうなってしまうんですが、おかげで体力だけは学生時代から落ちてないっぽいです。

  2. サムネ | URL | -

    自転車。今私が最も欲するアイテムのひとつですw
    でも、クルマにはン万もポンと出せる私でもチャリにはびた一文も出せません。

  3. 雨音 | URL | nEIPacyU

    私もこないだ仕事で公用車借りるまでもなくて公用自転車に1年ぶりくらいに乗ったら、最初は風が気持ちよくて心躍ったけど橋の上でへたったよ。この程度なの私……!てなった。私も中高大と自転車ライフだったのにな~。乗ってないと違うもんですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/9-f3b04c52
この記事へのトラックバック