今度はミッションなのです

2007年05月13日 22:43

連休の長旅で随分走ったので,エンジンと今回はミッションオイルも交換しようとその辺の量販店へ.
そこだとまあオイルの種類が結構豊富なので選ぶだけでもなかなか楽しめたりするのですけど,色々悩んだ挙句にエンジンは10W-40,ミッションは75W-90で.

さて,料金も払って後は作業を終えるのをまつばかり,とのん気に構えてたら,いきなり呼び出しが.
店員「ミッションオイルなんですが・・・」
ミ「はい??」
店「ミッションオイルがですね,漏れてるんですよ.」
ミ「はい?!!」
と言う事で持ち上げられているインプ君を下から覗くとものの見事にミッションからオイルが滴ってるじゃありませんか,ホントダダ漏れではないけど結構酷いなコレは,ってすぐ判る程度に.

と,言うことでミッションオイル交換はキャンセルして翌日,やっぱりいつものスバルのお店に,と思ったらまたもメカニックの人とか変わってるんだよねえ,この店も人事が激しいよなあ.
ひとまず症状を説明して見て貰った結果が↓.

20070513222952.jpg


こんなのがデータであるとはちょっと感心してしまった次第.
下のでかい箱がMTのトランスミッションケース,で今回オイル漏れ出してたのが指差ししてる所のシーリング(ゴムパッキン).
実はこの長細い部分からスピード測定して速度計に表示するようになってるらしいのです,つまり速度センサーみたいなもの,こんな所から速度検知してるとは思わなかった.

で,この部品周りを交換するしかないのですが,そうすると何とミッションを降ろした上にケース(写真の四角い箱が左右二分割なのです)をパカっと外さないといけない,つまりミッション全バラシ確定なのだそうです…おかげで部品代と工賃が全然釣り合ってないのよね,恐るべし4WDの駆動系.

まあしかし漏れ方が結構きついのでしょうがなく修理作戦実行,治さない訳にはいきませぬ.
と言う事でまた来週には代車R2とご対面か.
せめてもの腹いせにミッションを降ろすと言うことでマウントの交換,ミッションの歯とかクラッチの点検も頼んでおきました,何てったって全バラシだもんねえ,折角降ろすんだから見てもらって損は無いだろう.

やっぱりここ2週間で3600kmオーバーはなかなかの負荷だったのかなあ,車検済んでからもトラブル続きなのはしょうがないとは言え凹むものがあります,治るからいいけど.
ちなみにミッション一式だったら30万くらいらしい,恐ろしい.

ひとまず入院までに合併症起きないことを願うのみです.
スポンサーサイト


コメント

  1. サモネ | URL | -

    ビックリ

    図を見て、なんだ軽い症状じゃん、と思ったら降ろさにゃできんのですね;

    でも13万キロならミッションのOHもやっておいた方が良いですよね。
    クルマって恐い……w

    ウチのもいつどこが来るやら……。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    軽そうに見えるのですがw

    その肝心のシールを丁度ミッションケースが挟み込んでいる形になってるんですよねえ,しかも部品そのものが上,つまり下から交換できない位置にあるので,結局降ろす羽目になったと,ホント怖いもんです…;

    ひとまず全バラシついでに歯車とか見てくれよ~とかはお願いしましたが,果たしてどんなもんか,ギヤ欠けあったらどうしよう・・・

    まあ本当に怖いのは次はいつどこに来るのやら・・・と不安になりつつ何かびみょ~~~に楽しみでいる自分がいるのが怖いですw
    いや,問題なく走るのが一番なんだってば,ねえ・・・

    月まではまだまだ難関だらけです,やる気満々だけどw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/86-d9248cec
この記事へのトラックバック