同類相哀れむとは言うもので・・・

2017年05月29日 23:14

金曜日からこの月曜日まで、実働立った二日で3回もパンクする憂き目にあうとは思いもよらなかった。
「何言ってるのかわかんねえと思うが」そもそも自分も訳が分からないのだからしょうがない。
当の本人もまさかこの二日間で4回も5回もタイヤをかっさばいて中のチューブをとっかえひっかえする日が来るとは思いもよらなかった。

事の始まりは金曜日の通勤時。
久々に通勤中の車両事故現場を見ながら用心して歩道側(勿論自転車通行可)を走ったものの、そんなに世の中甘くない。
見事にガラス片と思しきものをフロントタイヤに拾ってしまい一気にパンク。
まだ救急車も来たばかりで掃除なんかされていない路面をまともに走ったのがいけない。
たまたま職場にあと数百メートル程度だったので事なきを得たのだけど、迎えに来てもらってさて帰宅・・・と思ったらあろうことかリヤタイヤまでパンクしていた。
破片はどこにも見つからなかったものの、恐らく同じように事故現場で”拾った”ようだ。

ガックリきつつも折角だからと自力でチューブを全て交換してしっかりタイヤに何も残っていないのを確認して作業完了!
頑張ったオレ!と自画自賛して月曜を迎えたのに・・・。

翌朝軽快に走り出していると、急に「シュー」と言う擦れたような音がして、一度停車したと言うのに音が止まらない。
「まさか・・・」と思ったらしっかり新しい?破片がしっかりリヤタイヤに刺さっていて完全に終了。
いくらなんでもこの怒涛のパンクラッシュは予想も何も出来たものではなかった。
修理キットは流石に持っていなかったので、トボトボチャリを引きずりながら「会社に遅刻する旨電話せな・・・」と思いつつ上り坂の橋を渡り切る。

と、何故か見知らぬ自転車乗りのおっちゃんがこっちを見ながら待っている。
そして一言「パンクしました??」
わざわざ修理キット(絆創膏みたいなアレ)まで渡してくれて、突貫で修理。
名も語らずそのおっちゃん(と言いつつ年齢は不明)は「や~よくあるんだよね、しょーがないよね~」と明るい顔で、これまた軽快に通勤していってしまった。
れきとしたロードバイクに乗っているそのおっちゃんはそれはあっさりと見えなくなってしまったのだけど、よくぞこんな通勤時間に時間も掛けて手伝ってくれたもんだ。
結局遅刻もせずに私自身も間に合ってしまったのだから、これ以上言いようがない。

ここまでは美談だったのだが、結局帰宅時に見ると詰め込んだ空気はしっかり「抜けて」しまって万事休す。
徐々に徐々に抜けてったようで、これ以上はまあ無理だったのだろう。
とにかく近場のホムセンで空気だけでも・・・とまたチャリを引きずって帰宅してたら今度はさらに別のおっちゃん登場。
お「パンクです?」
私「ええ、朝やっちまって応急したんだけど結局抜けてしまって・・・」
お「あそこのコンビニ、パンク修理貸してくれますよ?そっち行ってみたらどうです?」

ココココンビニ?!
と慌てふためき指さされたコンビニを見ると・・・、あ、ロード用のチャリスタンドが常設してある。
有りそう・・・。
実際コンビニにあった修理キットを拝借して空気を詰めなおして無事帰宅。
ただし、結局空気の抜け場所は見えず、諦めてチューブを再度新品に交換、今に至る。

まさか貯えのチューブが経った三日で使い果たすとは思いもよらなかった、とうとうパンク修理キットまで常備しないといけないのだろうか、ただでさえ仕事着と雨合羽で随分背中のリュックは重いのだが・・・。
そして恐るべき宇都宮、同業者(?)が多いのは知っているが、ただ自転車を引いて歩いているだけどここまで気にされるとはそれこそ予想外だ。
何せ自転車通勤者(勿論ロードやクロスで)は自分以外にも結構な数が居るとはいえ、おかげで今回はずいぶん助かってしまった。

しかし明日の通勤は地味に怖い。
またパンクしたらどうしよう・・・
見知らぬ優しいおっちゃん(年齢不詳)の助力で何とか応急処置したチューブ。
しかし悲しいかな、ここからではないのかもしれないがどうにも空気が抜けるようで、お陀仏・・・。

IMG_20170529_221508.jpg

こんな夜更けにこんな作業をしているのだから自分も相当頭が逝かれている。
それにしてもチューブもそうだがタイヤの劣化が激しいことに今頃気が付いてきた。
ガラスを拾いやすいとかはないだろうけど、いい加減サイズダウンしたいという欲望を満たすころなのかもしれない。
IMG_20170529_222437.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/653-4d4e617c
    この記事へのトラックバック