連休をフルに使ってみる

2017年05月07日 23:41

「休みは休むもの」と言う考えは全く正しいと思うけど、今回のゴールデンウィークは福井の実家への帰省も含めて、かなりアチコチに出向いたり観光したりで相当家族で動いた。
まあ何せ娘がまだ小さいので、いや小さいからこそ今のうちに行けるところと言うのもあるというものだ。
これが良い年頃になっては下手したら帰省すら嫌がられてにっちもさっちもいかなくなるかも知れない。
それにつけても、行きと帰りで今更確認すれば総走行距離:1500キロ超、家族3人でよくもまあと呆れと言うか感心と言うか・・・。
帰省も兼ねているから当然なのだけど、私も家族もよく頑張ったものだ。
そんな今回の行った先の感想などがこちら。

1:天橋立
言わずと知れた日本三景の一つ。
宮城県は松島に行ったなら次は実家に近いこちらだろうと、これは元々帰省の折に予定していた。
実家の友人や親に言わせれば「一回行けばまあもう満足」とのことだが、じゃあ一回行かないといけないだろう。
理想は天橋立を自転車でも借りて渡ってしまいたかったが、そこは家族連れなので諦めビューランドと渡り船で景色をのんびり眺めた。
個人的にビューランドのケーブルカーかリフトがお勧め。
上りながら天橋立を一望できる。

2:上田城
帰りに長野方向を通るなら、と真田丸から一年遅れで訪れた。
とは言え、真田丸人気はいまだ落ちてはおらず、4月末にあった真田祭も終わったのに日本全国から観光客が随分と来てて賑わっていた。
特別展示で大河に使われた鎧なども観れて十分堪能。
鉄砲持って写真撮ったり、運よくおもてなし武将隊と写真を撮ってもらえたりでやることやり切った感。
我が家は意外とミーハー連中である、よく知ってる。

3:鹿教湯温泉
その上田市市内・・・と思ったらさらに山中へひとっ走り、場合によっては有料のトンネルまでくぐる必要がある先にある温泉。
クルマでも十分行けるけどなかなかの奥地秘境ぶり、超有名どころじゃないけどそれが良い。
とは言え連休中なので宿が取れたのがやっと6日だったのだから決して馬鹿にしては怒られる。
静かな山中で温泉を(しかも朝風呂で)ゆっくり味わえて大満足。

4:足利フラワーパーク
後は栃木に帰るだけ・・・と思ったら突如予定外に寄り道。
大藤祭の時期にドンピシャだったので折角だからと訪れたけど、満開の藤は圧巻の一言。
海外の旅行か何かで紹介されるだけあると思う。
春に植物園関係に行くと言うのは非常にべたな話だけど決して損はしない。
一通り藤の花のトンネルを堪能した後に、小高い丘に登ってしまってそこから一望するのが個人的にお好み。
時間に余裕があれば是非夜のライトアップの景色もと言う所か。

日頃の運転好きが幸いしてホントにガシガシ走りまくり景色を観まくった。
ホントに観まくったと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/652-fe24eef1
    この記事へのトラックバック