パンタグラフ大作戦(ただのタイヤ交換)

2007年03月23日 23:47

何だかんだでやっぱりクルマネタが一番やりやすいなあと思う今日この頃,もうさすがにいいだろうと言うことでタイヤをラジアルに交換したのです.
去年ようやく手に入れたスタッドレスは安くしようとインチダウンした上で敢えてホイール毎買ったんだけど,ひとまず時間もあったしとスタンドとかに持っていかずに自分で交換してしまおうかなと.

ただまあ,これが予想に反して大変だった,やっぱ何度もやることじゃないから慣れてないこともあって必ず「何か」起きてしまうもんなのです,これが.
まず何が困ったかって,タイヤのナットと工具の穴が合わなかったんですよ,全然.
「中古車の怖いのは何が付いてるか判らない事だ」とは良く言ったもので,自分のインプも足回りはおろかマフラーすらドノーマルだった替わりに(?)ホイールだけは替わっていたんですが,実はしっかりナットも変わってた訳です,盗難防止みたいなやつに.
スタッドレス買ったときに「ナットも新しいの入れるよ」って言ってたのはこう言う事だったのね,と.

そしてその社外品ナット,一個だけ大きさが違う,一個だけ純正のと同じサイズ,残り4つが一回りは小さい.
つまり付け外しには最低でも二種類のサイズが要る訳です.
しかしその本来あるはずの専用サイズの工具も・・・やっぱ無い.
自分が今手持ちなのは純正の工具だけ,スタッドレスのナットはサイズが合ってたけどいざラジアルを付けようとしたら一個しかサイズが合わなくて締まらないでやんの.
大人しくスタッドレスのときのナットで使うか,とも思ったのですが勿体無い,そしてやっぱり社外品のほうが何となく見栄えもいいし軽いんですよこれが,手に乗っけたらすぐ判るくらいに.

さてどうしようか,と頭を抱えてたらふとトランクの中に安物のラチェットのセットがあったのを思い出したのです.
あのナットとかが嵌まる部分(ソケット)を色々変えられてカチカチ言いながら締めるやつ,ラチェットレンチの一通り入ってるやつ,実際安物なので精度も強度も褒められたもんじゃないのだけど.
で,もしやと思ったらやっぱりサイズが合うのソケットがあったのです,安物にしてはやるなラチェット.
だけどラチェットレンチって自分の経験上あまりしっかりトルクが出ない.
一番負荷が掛かるであろうトルクの軸の辺りに複雑な機構(ラチェット)積んでるので,どうしても強度がただのLレンチより出ない.
なので締め付けはしたものの走ってたら簡単に外れやしないかと終始不安でした,締められないよりはマシだったけどね.

まあナットだけであたふたするならまだ良かった,良かったくらいで済んだ訳なのですが・・・.
ひとまずナットを締める目処は付いた.
と右フロントを無事交換して次左フロントを交換しようとこれまた純正工具のパンタグラフみたいなジャッキをぐいぐいと回そうとしたら・・・
「あれ?・・・;」
回りません,中途半端に車体持ち上げた辺りでうんともすんとも言わなくなった.
自分の腕力がもう死んだのか?とも思ったのですがそうでもない.
で,良く見たらそのパンタグラフの折りたたむ所が完全に錆付いてがっちがちの状態,車重が思い切り掛かってるから尚のこと固まった.
何せクルマが御年13歳,てことは純正であるジャッキとかの工具も当然13歳な訳です,その時まで全然気が付かなかったけど.
ましてや滅多に持ち出さないからもう完全にナマクラ,お釈迦寸前みたいだったようでして,右フロントで無理やり回しまくった辺りで半ばご逝去してしまった.

ただ,この「ネジが錆付いて回らなくなる」って状況を見た瞬間にですね,何の躊躇も無くクレ5-56のあのCMがふっと頭に浮かんできたのです,まさに同じ状況じゃねえかと.
そしてまるでその時をまっていたとばかりにトランクの中にはやっぱりクレ5-56が入っていた訳です,いつ買ってきたっけ・・・
何だよこの備えの良さ,つかどうせ備えるならトラブる前にやっておけよとも思うのですけど.
と言う事でこれまたCMの如く患部にぷしゅ~っとクレ5-56を噴射.
さすればあら不思議,ジャッキが回る回る,本当に嘘みたいにちゃんと回せた,「凄いわジョニー!!」なんて気の利いた通販番組みたいな台詞を言いたくなるくらい.
いや,まあ途端に胡散臭くなるお気持ちは判るけど・・・

そんな感じで結局一人でやったこともあって軽く一時間くらい.
まあタイヤ外した状態で足回りとか色々眺めてみたりも出来たし,出来る作業くらいは自分でやってみるもんだなと,クレ5-56の破壊力も改めて判った.

その後結局ナットの締りがどうしても不安になって,スタンドで空気圧ついでに締め付け見てもらいました,結局大丈夫だったようだけど.
しかし自分のクルマのナット組み外し出来る工具が無いのは問題,ついでにパンタジャッキの錆具合も結構問題.
他の工具袋の中身も見たらもう全部錆付いてて使えないなコレはと言った風情でした.
せめてパンタくらい買い換えようかな,出来れば富士重純正で.
STI製パンタなんて無いかな,買っちゃいそうだけど.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/65-07f9f5ba
    この記事へのトラックバック