半分職業病だったりする試乗

2007年03月20日 22:00

先週の日曜と今日の振り替え休日とで二日,久々に色々気になるクルマを試乗しに行って参りました.
今のクルマから買い換える気は無いとは言え,最近のクルマに興味が無い訳も無いし,実の所今やってる仕事上他のメーカーのやり方(造り方)を見たかったと言うのも今回はマジであったのであります.

そんな感じで今回は敢えて海外メーカー縛りで,AUDIVW,そしてPEUGEOTの新車とか売れ筋車狙いで.
RENAULTも行きたかったんだけど,火曜日が定休日にて不可能,残念.

色々見せてもらえたけど,やっぱり百聞は一見に如ずで多かれ少なかれ「何か」得るものはありました.
展示車をガチャガチャ弄った甲斐はあった,まさかディーラーもそんな所を見に来たとは思うまい,ふっふっふ~麩っ麩っ麩~.

で,結論から言えば,試乗したのがAUDI TT,VW ゴルフTSIPEUGEOT 307の三車種なんだけど,どうも自分の見た限りお目当てだった「部分」がどれも全く同じメーカーの部品(その筋じゃ有名所)だったことにちょっと驚かされたのです.
確かに同じグループであるアウディとワーゲンは良いとして,プジョーも同じとはね,確かに有名な海外部品メーカーではあるけど.
でも正直307のは結構樹脂部品で隠れてたので,もしかしたら違うかも知れない,けど見えた部分の構造がそっくりだから意外とあり得るかも.
つかTTとゴルフってどう見ても車格もターゲットも違うのに構造は勿論,付属部分までそっくり同じだったのには驚いた.
つまり違うのは事実上外っ面の外皮だけ,さすがに値段も結構違うから出来も感触もTTの方が数段上ではあったけど,操作する位置まで殆ど一緒だったのには笑ってしまった.
個性って言う割にはこの辺は意外と割切ってるんだろうか,もしくはコストも当然無視できなかった部分もあるんでしょうかね.

307は↑の通り結構でかい樹脂で綺麗に隠されててユーザーに見えない,見せない工夫をやってるんだけど,TT,ゴルフTSIは意外とあっさり覗けば見えたのも興味深い所.
TTですらはっきり見えたもんね,普段見ようとしない部分だからとはっきり切り捨ててるんじゃないかなと,仏と独の思考の差かなこれは.

後やっぱり国産と海外って言う枠組みも無視出来なくて,多少だけど操作系統が違ってたのも面白かったですね,海外メーカーでここまで試乗下のが初めてだったというのもあるけど,意外と両者コストはそう変わらない気もする,国産(つまり自分の側)の方が部品点数多そうだもんな~とか.

とまあ,そんな感じで普段乗ることしか頭に無いのとは打って変わって,とんでもない趣向で試乗(つか乗らなくても出来たんだけどね・・・)して来ました,つかそんな意識持つなんて自分でも思わなかったんですけどね,職業病だなホント.
展示車を変な角度から眺めたりず~っと座ってたりしてたから,どう見られてたかは判りませんけど,買う気が無いだけならいざ知らず,まさかクルマ本体より別の所に興味惹かれてたなんてディーラーからすれば不届き千万.
こんな自分に試乗させてくれた挙句にご丁寧な対応ありがとうございました.

まあ試乗したクルマ本体にも興味はあったからよしとしよう.
と言う事で乗った感じは続きに続く.
そっちに興味があったらどうぞ.
まず日曜一発目.
AUDI TT.
アウディとかメルセデスとかのあの如何にも威圧的・重厚的なクルマはむしろ嫌いだったりするけど,TTは少なくとも現行のデザインは逆に好みでもあったりします.
でもドイツ車らしいのか,車体のガチッとした感じは凄かった.
内装も当然だけどゴルフ・307よりは遥かに造りこまれてるし,質感も良い.
ちょっとした高級車だよなあと実感,弄りまくったけど.
VW-AUDIグループで最近の目玉なのがDSGと言う変速装置,その変速速度は並みのMT乗りより優れもの,ってのがメーカーの主張.
確かにトルコンよりは遥かに良い,飛ばし気味に回転を上げてやるとホントに面白い,何せシフトショックまでMT並み.
意外と,と言っちゃ失礼なんだけど立派なスポーツカーでした.
エンジンは3.2よりは2.0ターボの方が人気だそうな,確かにでかい図体の癖にかなり軽快でした.

その同じグループの超定番,ゴルフの新エンジンTSIが二発目.
排気量はたった1.4L,でもスーパーチャージャーとターボの二基掛けと言うびっくりな仕様.
とは言え過給器はあくまで排気量を小さくした分の補充で,昔のデルタS4みたいな過激すら通り越したシロモノでは全く無くて,これも最近流行りの環境対策なんだとか,確かに1.4Lなら自動車税も安いし.
で,これがまたやたらエンジンが回る,実用車の癖にタービンの回る音までするし,ついでにブースト計付き.
ドライブメインならこの元気さは良いかも知れない.
でも何気にTTより100㎏近く重いとは思わなかった,そっちをどうにかした方がいいのでは・・・

そして火曜日,207は今週末でないと入ってこないらしい.
と言う事で代りに307.
まずは見た目,ここで好き嫌いが一気に振り分けられるのがゴルフとの違いじゃなかろうか,個人的には今の「顔」は好きなんだけど.
乗り心地もちょっと独特.
車酔いしそうな柔らかさでもないし,硬い訳でもないし.
こう言うのを「猫足」と言うとかかなり胡散臭いディーラーのおっちゃんの熱弁を聞きながら乗ってたけど,バランスは良いなと思う.
シートはフロントもリヤもかなり柔らかいし,やっぱり独メーカーとも国産ともちょっと造り方違うよなあと思った次第.
エアコンとかは割と似てたんだけど,そんなもんか.

三つの中で?って言われたら307,もしくは今度現れる207なのかなと.
右ハンドルでMTがあるってのもでかいけど,軽快さと「足」のバランスの良さ,そして独特だけど好きな見た目,そんな感じ.
でもTTはアウディがむしろ嫌いだった自分からしたらかなり予想に反したクルマでした.
どうせなら本国仕様のMTが欲しいけど,DSGであれだけ話題なだけにまず無いだろうなあと,面白くはあるんだけど.
そう言えばTTもTSIも過給してる割にはラグは皆無で「」給じゃもはやないんだなあと.
低ブーストも最近の流行ではあるけど,小さいエンジンにトルクを低い回転から与えるための措置と見たほうがいいでしょうか.
実際ブースト圧が低ければ思ったより燃費は落ちないものなのです,特に最近の直噴エンジンなどだと特に.

個人的には過給なら過給らしく,しないならもうひたすらスムーズで一気に吹け上がる,ってのが望みなんだけどね.
低圧ターボに大排気量が今の主流だと見ると,其れはもう望み薄なんで障ねえ.
スポンサーサイト


コメント

  1. サモネ | URL | -

    猫足

    言いたいことは分かるんです。猫足。
    でもプジョーの人意外が言ってるところをみた事がありませんw
    雑誌でも滅多に見ないですし。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    猫ほどでもないのは事実

    「ちょっと」違うなって感じでしたしね,代名詞が付くほど違ってはいなかったと言うのが正直な所です.

    どっちかと言えばやっぱりシートの方が凄かったかなと.
    本当に柔らかかったですからね,ソファ級とまでは行かなくてもかなり沈みました,腰が.

    最近だとむしろ国柄,メーカーの差は内装の方が出てるかも知れないですね.

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/64-fadeb03c
この記事へのトラックバック