試作型超高機動突撃戦仕様娘(あながち冗談でない)

2016年05月29日 17:20

連休で帰省し実家の爺さん婆さんひい婆さんに顔見せできたまではいいんだけど、何か不思議な刺激でも食らいまくったのか、帰省から戻ってきてからの娘の進化ぶりがなかなか急激なのである。
妻なんかは「大規模アップデートが繰り返される・・・」とお嘆きだったが、ゲームどころの問題では無い、そもそもアップデートにしても速い。
まず表情と言うか声のバリエーションが一気に増えた。
喜怒哀楽が大分はっきりしてきていると言う方が正解かもしれない。
そしてハイハイ一歩手前、つまりは”ずりばい”をマスターしてしまいさあ大変、お題の通り恐るべき機動力でリビングの端から端まで文字通り縦横無尽である。
手と言うより首と脚の動きがかなり発達したようで、うつ伏せからガサゴソと気が付けば予想だにしないところに向かってしまって妻も自分も大慌てである。

途端に部屋のアチコチが唐突に危険個所に早変わり、中でもコンセントの配線と机(の足)の角は四六時中娘の高機動の障害物に変身してしまった。
特に机の角は娘の体格的に丁度頭にぶつかる位置になってしまったので、確実に「ゴン」と激突してしまう。
「話には聞いたことあるけどこう言う対策も必要なんだなあ」と妻と話しつつ今回リビング小改造実施である。
どちらかと言うと娘の激突が防げるというより、「これでぶつかってもまあ大丈夫」と親の神経的に楽になったような気がしないでもない。
定番装備:柱にスポンジ。
コタツ机なのでもともとそこまで角が無い・・・と言いつつもやっぱり固いのでこんな感じに覆ってしまう。
IMG_20160529_155730.jpg

机の下角:同じようにスポンジと両面テープで固定。
IMG_20160529_155745.jpg

意外なところで新ネタ:コンセントはこんな感じでまとめてしまえる箱が売ってたので、差込口からテレビ台の裏まで引っ張り上げた後にこの箱の中に押し込んでしまう。
IMG_20160529_162209.jpg

こんな感じで出る線出る線をひたすら一度この箱に押し込んでまとめてしまえるスグレモノ。
世の中同じ困り方をする人は多いんだな・・・と思わず感心してしまった。
IMG_20160529_162229.jpg
大分障害物は減った感じ、あとは娘がもう少し落ち着いてくれれば・・・んなわっきゃないのである;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/630-2b083f37
    この記事へのトラックバック