香味は弱くても良い、気がする

2015年08月31日 00:06

多分、と言うか間違いなくベトナムのいわゆるフォー(米の麺)の、しかもホントに本格的なのを食べたのは今回が初だったと思う。
おかげでナンプラー(言わずと知れた魚醤)も初めて経験したけど、なるほど確かに香りの癖はそこそこ。
人によってはこの香りと言うより臭いが苦手な人も居るらしいけど、それも納得は出来る。
意外と(?)妻の方も(主に香り的な問題で)そこまで得意では無いらしい。

個人的にはナンプラー自体は何ら問題なかったと言うか、店員さんに「もし味が薄ければこちらをどうぞ」と醤油指しを渡されるまでそもそもナンプラーが使われていることに気が付かなかった。
と言っても改めてナンプラーのにおいを嗅いだけど、ちょっと癖の強そうな・・・くらいで済んでしまった。
あまり香りの”クセ”が強い食べ物はどちらかと言えば苦手な部類に入るはずなのだけど、ナンプラーに限ればそうでもないらしい。
台湾ラーメンにも近いような辛味の麺で、しかも付け合せの香味野菜もこれまた初めて食べたであろうパクチー他色々な香菜の香りに一発でキてしまったのでナンプラーの香り云々どころではなかったと言うのが真相だったりもする。
辛味そのものは実際中華とかの辛さとさほど変わらないし、フォーにも良く絡むからちょっと香りが独特な坦々麺(胡麻とひき肉も無い)なイメージでもいい気がする。

珍しくちょっと冒険的な味を経験できてしかも美味しく頂けたので、折角だから備忘録的に残しておきたい。
他にもランチプレートやカレーなどメニューは豊富、しかもベトナム・タイ方面の文字通り一癖も二癖もある味わい(だと思う、麺を食った限りではかなり)。

店名他詳細はこちら:作坊 吃 ゾウファンチィ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/608-1547fd36
    この記事へのトラックバック