年末年始大往生

2014年12月21日 21:29

今年ももう後十日も残っていない。
おっかなびっくり栃木二度目の転勤となって、年度頭からアタフタし愛車のインプどころか妻のクルマまでオシャカになってしまってあれよあれよと言う間に何をトチ狂ったのかクルマ好きが""クルマ所有者になって今や絶賛自転車通勤になってしまうなど(自転車に下のは半分以上自分の意志ではあったものの)、今年は今年で尋常じゃなくドタバタとイベントが連発した1年になってしまった。
年が経つにつれて月日の過ぎるのがドンドン早く感じるようになると言うのはある意味では全く嘘では無いと思う、と言うくらいあっさりと気が付けば2014年も年末になってしまった。

そんな中で、年末年始の過ごし方はココ2~3年で随分変わったんじゃ無いかと思う。
大雑把に言えば実家に居なくなったと言うこと、と言っても年始に帰省したりはしているので正確には「自分の」実家で年始を迎えることが無くなったと言う方がいいだろうか。
去年の年始は初めて妻の実家で過ごしその後に福井の実家へ、そして今年に至っては実家にすら居ない予定になった。
妻の実家の家族一緒に年始を過ごそうと言う所までは去年と余り変わってもいないのだけど、わざわざ旅行の予定を立たのである。
旅行と言っても自分たち夫婦は一度福井に帰省してから戻りつつになるので、半分はUターンと言うことにもなるのだろうけど、「先生も走るから"師走"」なんて言われるほど忙しない年末年始にわざわざ寄り道してこうというのだから、そりゃ忙しなくて当たり前なのも当然かも知れない。
今となっては年末年始を海外で、とか旅先で・・・、と言うのも珍しくも何とも無いかも知れないけど、少なくとも私の場合基本的に休みは休むものと割り切って本当に何もしてこなかったので、ココに至っては自分の人生が時代に追いついたと言うより、長足の進歩と言ってしまっていい気がする。

まあ、ホント今時コンビニはいざ知らずスーパーでも何処でも正月の営業なんかホントに当たり前にやってくれてるから、年末年始を大人しく家に引きこもって過ごすなんて過去の話になりつつあるような感じだ。
家にジッとしてても有り難味も特に有る訳でも無いし、かみ締めるほど厳かなものでも無くなったと言う感じだろうか。
まあせめて年始から"珍しく"アクティブに行動するなら幸先のいい出だしになって欲しいものだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/591-d1a6caa0
    この記事へのトラックバック