アジサイの旅

2014年07月01日 22:54

今年は本当に雨が多い。
梅雨時の栃木と言ったのを考慮しても、こうも突発だったりずっとだったりで大雨が降るとは。
普段ならそんな時期に出掛けるのは少々気が引けるところなのだけど、こんな時期だからこそ見に行きたい所もいくらでも有ると言うものだ。
そんな感じで妻と「どうせならアジサイを見に行こう」とか話をしていたら、大学の後輩連中の誘いも受けられて一気に鎌倉にまで足を運んでしまうことになった。

普段なら躊躇せずクルマで・・・と言うところも、折角ならアチコチ練り歩いて巡ってしまおうと言うことになり、さすがに鎌倉の街中をうろつくにはかなり邪魔になりかねないと思い、遠路電車での移動を選んだ。
宇都宮⇔鎌倉まで上手いこと乗り継ぎの少ない電車を選んでも結局3時間強の移動時間だから、日帰りとしてもなかなかタフな旅だったと思う。
でも初の鎌倉。
失礼を承知で言えば他では有りがちな「観光地!」的な押しの強さ加減が何とも少ないと言うかむしろ"無い"感じが逆に落ち着いた風情で何とも気分が良かった。
6月だからまだ海岸沿いも海水浴客でごった返すようなこともなく、とは言えサーフィンやヨット客は風も多い日だったこともあってかなかなかにぎやか。
残念と言えば残念なのだけどアジサイの名所で名高い長谷寺は今回の旅行の第一目的だったにもかかわらず、アジサイ見物に90分待ち(!)と言うとてもつもない状況で早々と諦めた。
とは言え腰越の満福寺辺りからアチコチにアジサイは丁度満開を迎えていて、妻は勿論自分も小雨の中歩きながらデジカメと傘を難儀しながら持ちっぱなしの撮りっ放しだった。

初の鎌倉、妻と後輩からの耳伝えのみでろくに事前情報も何もなく行ってしまったのだけど、却って功を奏したのかもしれない。
完全ノープランは無駄足に終わるリスクもあるからなかなか手を出す気にはならないけど、どちらかと言えば事前に知りすぎるよりは知らなさ過ぎる方が旅としては良いのかも知れない。
IMG_1724.jpg
狙って行ったのでしょうがないけど、さすがに天気はこの状態。
とは言え、蒸し暑くもあるこの時期ならこれくらいが一番。
そして風が有ると言ってもさほどな波じゃない、と思うのは自分が日本海側の生まれのせいか。

IMG_1730.jpg
坂道にてアジサイ満開。

IMG_1727.jpg

IMG_1718.jpg

IMG_1752.jpg
鎌倉、直ぐそこが海岸通なのにちょっと奥まで歩き出すと途端に少々急な坂が連続して山が思いの外近いと言うことが判る。
そんな山際の坂や階段至る所がただいまアジサイの最大の見所と言う感じだろうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/575-a1225894
    この記事へのトラックバック