連休中の衝撃的な事実.featメガネの聖地

2014年04月30日 22:59

①妹の息子、すなわち甥っ子が半端無いくらいに喋りまくるようになっていた。
そして物珍しいのか本性なのか、うちの妻にやったらとなついてあっちゃこっちゃ振り回し、我が妻もさすがに戸惑う一幕も。
ついでに言えば顔形がドンドンお父さん(妻に自分の義理の弟)に似てきていて「ああ、これが今流行(?)の遺伝子か・・・」と訳の判らんことを思ってしまった。
それにしてもこの甥っ子はうちと妹の旦那の家の顔を上手く継いでいる様に思う。

②高校の友人のクルマが207CCからいつの間にか308に変わっていた、と言うかお前はそれでもまたプジョーなのかよと突っ込むべきだったのがちょっとビックリしてしまって言いそびれてしまった。
「そういうラーメン丼はいつまであのインプに乗るん??」と逆に突っ込まれてしまった自分も言えた義理は無いのだが・・・。
そりゃこっちも妻帯者だけど向こうは更に妻""持ち、いくらなんでも二人乗りでオープンカーの207CCなんかどこまで先が続くのやら・・・とは思っていたのだけど、その次がハッチバックとは言え308。
こいつそこまでフランス車、と言うかプジョー好きなんだったっけ??
そりゃ3人ならミニバンにする必要もそこまで感じないとは思うけど、ある意味自分よりかなりビョーキな気がしなくも無い。

③地元にして生まれて初めてメガネミュージアムに行ったこと
妻すら驚愕。
だって地元が有名どころに行かないと言うのは良くある話、しかもどんなにかっこつけても所詮は"メガネ"である。
昔からの内職が残りに残って気が付いたら地場産業になってしまった・・・と言うのが正直な所じゃないだろうか。
アニメにまで絡んでみたはいいものの、こちらもこちらでからっきしだったようだし・・・。
ところが行ってみれば思いの外客足は多くて超失礼ながら驚いたと言うのが本音、そして妻が物珍しそうにしているついでに結局自分もあれこれ遊んで帰ってきてしまったのだから百聞は一見にしかずで行って見るものである。
二人で作ってみたメガネ型のネックレスもこれまた存外に(失礼!)良いのが出来たので記念になってしまった・・・。
メガネっ子は是非!メガネの聖地鯖江へ!・・・やはり押しには少々欠けるのが残念だ・・・。

・・・ひとまず宇都宮に戻って来てみれば、何だかんだで色々有って退屈せずに済んだ気がする。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/569-45af3c2a
    この記事へのトラックバック