SPIは10年前に受けた。

2014年02月26日 00:00

たまにはこちらに仕事に関するよしなしごとを。
と言うよりはほぼ10年ぶりの自己評価みたいなものだろうか、何で唐突にこんなことを書き出したのか・・・ちょっとした鬱憤晴らしかも知れないし、愚痴の代わりかもしれない。

この業種に就いてからもう10年目になろうとしていると言うのに、自分の仕事振りに関しては自己評価してもまだまだ良しも悪しもくっきりしていると言うのが現実だろうか。
メリハリが良いといえば聞こえが良いし、ムラッケが酷いと言う表現も間違ってない、と言うよりそちらの方が評価する側からすると正解かも知れない。
仕事そのものを遂行する能力は周りからもかなり速いと言われることが多いし、内の会社内と言う非常に狭い世界でもまだ速い方には分類されていると思う。
設計なのでそれ専用の"CAD"も使いこなす必要があるけど、ソフトが新規になる直前にやり出してからこれは絶対に自力で覚えるべきと意気込んでかなり早い段階で使い込めるようになったとは思う。
設計だけに理論や計算を組むことも少なくとも嫌いでは「なくなった」感じだろうか。
ようやく自分で一から最後まで計算から検証まで流れだけなら造れるようになった。
だから自分の計算が成立している間、いわゆる仕事の"流れ"が自分にとっていい場合は文字通り調子に乗って一気に片を付けてしまおう、やり切ってしまおうと俄然動きは良い。

ところがそんな調子の良い時は今時むしろ少ないことの方が圧倒的なわけで、一旦社内外から別件を割り込まれたりならまだしも、そこまで突き進んでいた自分の検証が引っ掛って止まったり、或いは間違っていることに気が付いたり周りから追求されてしまうとここで一気に脚が止まってしまう。
勢い任せに突っ込みたがる「特攻隊長」丸出しの仕事振りで、一度目の前に壁が立ちはだかるとそれを乗り越えるのに相当な労力と遠回りをしないと超えられない。
超えられない、言い換えれば越え方を"知らない"が為に陥るとドンドン脚を泥沼に取られて沈められていくのも悪いパターンの一つだと思う、こう言う時にミスを減らすのが非常に大事なのに自分はミスがガシガシ増えていく。
終わってみれば、折角の作業時間の速さもロスの多さで帳消しになって果たしてミッションはちゃんと遂行出来たのか出来てないのか、自分は勿論評価する側も悩ましいに違いない。

ここしばらくの仕事の回し方の悪さは殆どこんな感じで自分の悪い所がモロに出た結果だと思う。
満9年にもなってこの程度、なかなかマネジメントなんて言葉が縁遠いのは昔から・・・そう言えば大学のサークル時代からも変わっていないだろうな、と思う。
そんなことを言ったらきっと当時のサークル仲間連中は「やっぱお前は相変わらず突っ込みがちだよな」とたしなめに入ってきそうだな・・・なんて振り返ってしまう。
振り返るとそう、妻はその辺非常にしっかりしてるし先日の結婚式の後輩夫婦もそうだった。
その場のノリではなく"仕切り屋"として周りを引張れる連中だ。
「隣の芝生は・・・」よろしくこの歳になっても無いものねだりに走りがちなのも自分の悪い癖で治ってくれないらしい。
懐かしい面々に立て続けに会えたのでどうにも自分ごと色々省みたくなってこんなことを書いてしまった。
仕事振りついでに自省しておこうと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/564-55fcb3a4
    この記事へのトラックバック