掃除好き

2013年11月30日 23:35

自分で言うのもなんだけど、どうやら潔癖症とは行かないまでもかなりの掃除好きの部類に入るようだ。
家事の中でも部屋の掃除は勿論皿洗いとか風呂掃除、ついでに言えばクルマの洗車も半分以上は自分が進んでやってしまっている、と言うよりは自分が"勝手に"やっていると言うほうが正解かもしれない。
別に妻が不精と言うわけでは決して無いのだけど、性格の差なのかただ単に自分が神経質なだけなのか一度やり出すと自分の気が済むところまできっちり綺麗にしたがってしまうからある意味ビョーキとも言える。
妻は妻で「台所が綺麗で助かる」とお褒めの言葉をくれるので単純な性格の夫は大満足して毎回皿洗いに精を出してしまうのだけど・・・。

ビョーキついでに言えば皿洗いも良いけど風呂掃除とか洗車の方が更に個人的には好きだ。
風呂場をたっぷりの泡で・・・泡の効果が有るかどうかはこの際まったく気にしないのがコツだ、満たしてやって自分の気に入った感触のスポンジでガシガシ汚れを落とす。
赤カビならスポンジより今なら何処でも売っている激落ち君なんかが非常にお勧めだ、風呂場の水はけ用の溝でも余裕で赤カビが落ちる。
激落ち君は本家(?)なのでなかなか高価でもあるけど、今時"パチモン"で良ければ100円ショップに濫造されている有様だからそれでも良い。
少なくとも試した感じでは感触も実際の落ち加減も充分本家並だと思う、100円なので所詮使い捨てに近くてすぐだめになると言うのが気になる所だけど、結局は掃除で切れば良いので何ら問題ない。

洗車の場合も、個人的には余り傷がつくとかどうとかは気にしない性格だったりするので、汚れに関しては一気に力任せにスポンジを擦ってしまう。
気を付けるのはせいぜい擦り出す前に水で充分濡らしておいた方が良いということ位だろうか。
砂とか細かくて固いゴミはそれで流せてしまうので、風呂場も車体もそこまで傷がつくことなんか無い、と思う。
そうそう、最初の時も汚れを落とす時も水は思い切って使うのが良い。
今時のエコな生活にはちょっと怒られてしまいそうだけど、やはり折角落とした汚れをすっきりさせるには、充分な・・・と言うよりは"たっぷり"な水が一番良い。
私の場合、洗車の後はワックスも掛けないから事実上ここできっちり洗い流しておかないと後が目立ってしまうと言うのもある。
しっかり汚れを流すだけ流しきって、拭き取る(風呂場はどうせ直ぐ濡れるのだし当然そのまま)。
不謹慎にもたっぷりの水で思い切り流しまくるのが一番心地良い、汚れと泡が綺麗さっぱり無くなってピカピカの表面が出て来たときが一番の達成感を感じる瞬間だと思う。

・・・やっぱりちょっとした"ビョーキ"には違いないね。
こんなこと嬉々として記事に上げるなんて。
ついでに言えばコレを書く直前、つまり休日の夜に唐突に風呂掃除をやっているのだから。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/556-d580c8da
    この記事へのトラックバック