11月23日は何の日。

2013年11月24日 12:10

丁度一年前の今頃は自分の人生の中でも・・・これがまた誇張でもなんでもなく事実なのだから・・・最大級と言って良いくらいの忙しさとか慌しさだとか緊張の連続だった、と思う。
その日が前日の11月22日が「いい夫婦の日」で当日が「いい夫妻の日」とか「いい兄さんの日(・・・なのか?)」だったので、実は結婚式とか籍を入れるには丁度いい日だったと言うのは、確か日取りを決める時になってから判ったことで、狙ったわけでも決してなかった。
少なくともその日が「勤労感謝の日」と言うことを気に掛けている人なんか世の中にどれだけいるのだろうか・・・、そんな気がして哀れでならない。
そして当日の結婚式自体も終わってみればこれがなかなか、式そのものは型に嵌まった手順でほぼ滞りなく進んだかと思いきや、・・・思い返せばかなり好き放題やってしまった気がする。
うまい棒だったりとか御色直しで主役になるはずの妻を差し置いたかの如く歌いながら入場するとかあれやこれや・・・。

慌しくも式も終わって丁度1年、妻を愛知に迎え入れてからもほぼ半年。
特にちゃんと同居して"家族"での生活が始まった辺りを狙うかのように自分の仕事がかなり激化したのもあって、気が付けばあっという間に1年経ってしまったような感じだったりする。
そもそも結婚して1年でいきなりそこまで激動な生活になってくれてもそれはそれで困ると言うか大問題な気もするのだけど、割と予想していた通りこの1年ケンカもまるでせずにず~っと二人揃っていつものペースで続けてこれたようだ。
少なくとも妻か自分がココ1年で激太りしたとか何かおかしい行動を取り出したとか急に金遣いが荒くなったとか(急に色々ぶっ壊れて治す羽目になったのは結構あった)、そんな問題は起きてはいないのだから、お互いの生活のリズムとか感覚が変わることも無かったか変わってもそこまで悪いことではなかったのだと思う。

籍を入れた8月1日は平日で自宅で簡単なお祝いで終わってしまったから、折角の結婚"式"記念日位はと二人で外でご飯を食べたりしてささやかにお祝いすることが出来た。
自分たちにしては珍しく事前に予約までして(これが大体自分たちの習性か普段は何もせず突撃する)行ったおかげで席も良い場所に案内されたし、料理も良かったしお祝いのサービスも事前に言ったおかげでしっかり付いてきて思わず笑ってしまった。
事前に言ってみるものである。

ツイッターで1周年のことを妻がコメントしたら、あちこち知り合いの方からお祝いを頂けてありがたかった。
次の1年に向けて愉快な夫婦がまだまだ続くよう頑張ろうと思う・・・がんばる所だろうかそこは。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/555-614a52d2
    この記事へのトラックバック