アクアトト限定カピバラさん

2013年07月28日 22:33

この時期、と言うより8月1日が非常に思い入れの深い一日になっているのは、当然ながら自分たち二人の結婚記念日になるからである。
折角なので何かお祝いがてら何処かへ遊びに行こうとなったのだけど、この時期なら涼みに行くのが一番と言うことで、岐阜は白鳥の流しそうめんを食べに遠出することにした。
流しそうめんと言えば、何と言っても福島県で見付けた流しそうめんは涼を得るのに最高のシチュエーションだった。
山奥で如何にも涼しい(真夏なのに場合によったら肌寒い位)のは当たり前で、目の前の滝を眺めつつその水の流れをそのまま利用したそうめんもまた旨かった。
とにかく一度行ってその印象の良さに随分満足して2~3年後また行ったくらいだ。

同じような絶好の涼の舞台がこっちの愛知周辺にもあるだろうか?
結果から言えば意外と行ける距離に有った、そこが白鳥の阿弥陀ヶ滝の下にある店だ。
残念ながら阿弥陀ヶ滝そのものは店から更に山を登らないと拝むことが出来ないものの、こんな酷暑の時期でも充分涼みながらそうめんをがっつくことができる訳で、妻からは
「やっぱ麺となると良く食うなあ。」
と妙に感心されてしまった。

阿弥陀ヶ滝の綺麗さ(とかく真上から一直線に落ちてくる爽快さ!)を拝んだ後、東海北陸道の道中で妙に気になったところを見付けていて、結局帰りに寄って見ることにした。
それが川島ハイウェイオアシスアクアトトと呼んだ方が良いのかも知れない。
ハイウェイオアシス・・・つまりはとりわけ大きいサービスエリア、と言う認識でいると少なくともここ川島では思い切り仰天する羽目になる。
まず行きの道中に見えたのが観覧車、サービスエリアに観覧車である。
今時温泉もあるくらいだから有り得なくも無い光景なのだけど、その横に見えてくるのが「アシカショー実演中」の文字。
サービスエリアで観覧車にアシカショーなのである、ココまで見るとさすがに二人して「何があるんじゃあそこは?!」と興味深々となってしまい、時間の余裕も有って結局帰りの道中で入って行ってしまった。

これがまたアクアトトが本格的な水族館なのだからいい意味で驚きだ。
値段が張るのはこの際我慢しても十分だろうと言う気になる。
"淡水魚"水族館の名の通り、地元長良川の魚は勿論オオサンショウウオから南米はピラニアに電気ウナギまでいらっしゃる充実振り。
そして最後はやっぱりアシカショーだから充実過ぎると言うものだろう。
家族連れならいざ知らず、大の大人夫婦が二人して調子に乗ってお土産はおろか観覧車にまでしっかり乗って帰ってくるのだから、一体何をそんなに大はしゃぎしてしまったと言うのか、喜ぶべきなのか恥ずべき所なのか・・・。
良く考えればドライブルート上に有るからアクセスは充分良い訳で、当然の如く高速の上り下りどちらからでも入れる。
ちょっと遠出のドライブで、と言う感じならハイウェイオアシス上にこんな施設があるのは相当効果的じゃないかと思う。
少なくとも今日いた家族連れは勿論、自分たち夫婦もまんまと引っ掛って満喫してしまったのだから・・・。

阿弥陀ヶ滝。
水量も圧倒的、そしてご覧の通りの真一文字に落ちてくる様は爽快。
IMG_1101.jpg

滝の裏とまでは行かなくても横面まで近付くことが出来るが、その勢いに圧倒される。
但し、この時点で自分も妻もかなり"被弾"してビショビショ、カメラなら防水は必須です。
IMG_1104.jpg

アクアトトに"ご生息"の方々はかなりバリエーションが豊富。
こんなオオサンショウウオまでのんびりとしております。
IMG_1120.jpg

何故か(?)動物園とかでも遭遇率が高いカピバラ。
毎度おなじみやる気の無さが冴える。
IMG_1138.jpg

水族館だけでは済まないのがアクアトトの恐ろしさ。
結局躊躇無く観覧車にも乗ってしまった二人。
ちなみに観覧車はJAF割有ります、地味に効果的。
IMG_1156.jpg

観覧車から見るアクアトト概観、見ての通りかなり独特の建屋。
アクアトトの凄いのはいたるところの水槽がちゃんと日光が入るように設計されていること。
淡水魚がメインなので対応する水深よりも日の光の方が重要なのかも知れないけど、かなり配慮の利いた構造だと思う。
IMG_1150.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/544-7631ac8d
    この記事へのトラックバック