神戸での仲間達

2013年06月30日 22:58

大学の後輩の結婚式で2度目の神戸へ赴いた。
1度目は妻とデートした時以来なので、かれこれかの地を踏むのは4年ぶりと言うことになる、結構久々な感じだ。
あの時と違うのは、出発先が実家の福井ではなく自宅の愛知と言うことと、何分結婚式への出席がメインだから荷物も多いと言うことで移動手段をクルマにしたと言うことだろうか。
クルマ移動で愛知から神戸へ、と言うと何だかんだで時間が掛かりそうだと少々心配していたのだけど、いざ調べてみたら会場のメリケンパーク周辺まででも大体2時間半程度、思いの外遠く無いことに安心した。
自分一人で行くならさほどの時間でも無いのだけど、何せ妻同伴なのである、身勝手に行けるところまで突っ切ってしまうわけには到底いかないのだ。

クルマで神戸を走るのは当然今回が初めて。
道自体はさほど複雑が酷いことも無いし、道もそれほど複雑ではないから初見でちょっと間違えた程度で運転はそれほど難儀しない感じ。
但し、宿泊先へクルマを移動させていると、実は思いの外坂が多いことに気が付いた。
翌日に町並みを歩いていた限りではさほど気が付かないのだけど、海岸と言うか港側から三宮や南京町へやや北上させるとあちらこちら海抜からドンドン上がっていくのか、上り坂が思いの外多かったことにちょっと驚く。
良く考えれば山は有名な六甲山があるからそこまで平坦な街じゃなくて当たり前なのだけど、"神戸"と言う名のイメージがなせる業だろうか。

結婚式では主に大学時代の後輩連中とそれこそ数年来に再会する機会ができた。
社会人になって数年も立つと、コレだけの面子がちゃんと集まれるのもそれこそこういった冠婚葬祭でないともうなかなか出来ない。
結婚式なのにちょっとした同窓会の気分に浸ってしまうのは、肝心要の新郎新婦に申し訳ない気がしないでも無い。
そんな新郎は終始少々緊張気味だったのかなんなのか、後輩連中から「マウスピースでも入れたような引きつった笑顔」だとか言われ、スピーチの出番では毎回噛んでしまう有様。
とは言え、それを除けばよほど嬉しかったのか終始新婦さんと幸せそうにしていたのが印象的・・・、を通り越して妻は「あのヘタレがねえ・・・」と喜んでいるのかなんなのか妙に複雑な心境でいらっしゃる始末である。
そんな脇で自分はと言えば毎回の如く「お前は全然変わってないな・・・」と半ば呆れたような口調でかつての悪友どもに言われまくった。
そんな私から見れば悪友どもも変わったのはせいぜい髪の色程度で、まるで変化が無いのだが・・・、お互い様とはこのことなのだろうか。

とは言えこの場合は皆々の変わらない姿を見れたことが一番大事なことだったと言う気はする。
彼らに再会できた喜びついでに安心感が大きかったのは気のせいではあるまい。
そんな結婚式ついでの同窓会の度を満喫した週末だった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/541-58257f55
    この記事へのトラックバック