パッと見

2013年03月27日 01:10

やはりフロントよりはリヤの方が明らかに"車高が下がった"ように見えている。
朝出勤で乗り込む時も、残業明けの暗い中で駐車場にたどり着いた時も今の所印象が強いのは明らかにフロントよりリヤだ。
今までインプのリヤ周りに余り視線が行くことが無かったから、なんとなくだけどこの自分の目線の変化はちょっと面白かったりする。
クルマの第一印象はやはり"顔"であって、恐らく次に来るのが全体像かいっそ乗った時の車内の雰囲気じゃないかと思うから、クルマのケツと言うかリヤにアクセントが付くとちょっといつもとは違うクルマの雰囲気にならなくも無いのではなかろうか。

まあそんなことを思ってしまうのも、徐々にとは言え5mmの車高ダウンが見た目にも効いてきたような感じがしているからだろう。
減衰力と同じでたった5mm、文字通り指でつまむ程度のレンジを弄っただけと考えるとさほど変化も無いものだな・・・、と当初は冷めた見方もしていて頑張った割にはちょっと無駄な労力だったか?なんて疑いまで有ったものだ。
ところがそのリヤの風情の変わり具合を実感しだすと、不思議なことに(と言うよりいい加減なことに)まず全体像が随分車高が下がった、ようにも見え出す。
本当に少なくとも自分の感覚、と言うより色眼鏡は度が過ぎるらしい。
そんな色眼鏡に掛かるとシャコタンの類ではなく単純に低い姿勢で重心が落ちてくれたような、落ち着きがあるように見え出した。
タイヤインチが16に戻って一回りでかくなったから余計そうなのかもしれない。
リヤの下がり具合一つでなんとまあ、いい感じに行き着く訳だ。
やはりホイールハウスとタイヤとのスキマが如実に少ないのは、実情はともかく雰囲気は充分だ。
ここでようやく"車高を下げた甲斐があった"となって思わず自画自賛である。

趣味って自己満足なんだなと言う事実を切実に思い知りつつ帰路に着く年度末の夜である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/533-dd78a87a
    この記事へのトラックバック