新婚旅行総まとめ その2

2012年12月17日 21:42

今回行った旅行、ドイツと言ってもそこはオーストリアまで陸路で行くルートだから、位置的にはどちらかと言えば"東側"メインだったと思う。
ベルリンとかのような主要な都市を訪ねるのは良くも悪くも最後のオーストリアの首都ウィーンを除けば、行きで降り立ったフランクフルト位だろうか(そのフランクフルトすら泊まっただけで素通りもいいところ)。
そんなツアーのおかげで行く先が当時の雰囲気そのままの中世時代の街並みで、建物から小物に至るまで歴史を感じさせてくれるものばかり。
こちらは寒いのとは逆の意味でこんな所がドイツに何箇所もあるのかと、ちょっとした感動だった。

・クリスマス市
そんなドイツなどで毎年この時期に行われるのがクリスマス市。
IMG_0564.jpg
何故かどの街でもメリーゴーランド付き、大体はその街の中心にある教会の前に露店がずら~っと並ぶ。
今回は各都市のクリスマス市を巡りながらの旅でもあった。
売ってるものは食べ物飲み物は勿論、クリスマスの飾りつけ、雑貨、小物に台所用品おもちゃまで様々。
日本の屋台とはまた違った魅力があって、買う気がさほど無い割にほとんど全部の店を覗きながら歩いた気がする。

・グリューワイン
そんなクリスマス市で売られているワイン、と言っても変わっているのはこれがこの時期らしく暖められた"ホットワイン"と言うこと、更にオレンジだったりシナモンとかの香辛料だったりが入れられていて店ごとに味が微妙に違うと言うこと。
そして最大のポイントはその年その街の専用のカップで売られていることだ。
だから自分たちのように街を巡り歩きながら毎回グリューワインを貰えば、その街のカップ収集になると言う訳である。
実際妻はしっかり訪ねた全部の街でカップをゲットしていた、自分も4つほど。
毎年恒例にしてはどれも凝ったデザインをしていてクリスマス市の活況振りがよく判る。
DSCF805.jpg
こんなのね、こちらはインスブルグと言う町のもの、勿論町によって形まで違います、凄いですね。

・教会
ドイツ・オーストリアは基本的にカトリック。
なので特に訪れた町々にはとにかく立派な教会がど~んと街の真ん中に、何せそんじょそこらの現代的な建物よりかよほど立派で目立つから、嫌が応にもシャッターに収めたくなると言うのがカメラ好きの日本人の心理だろう。
それに基本的に建て替えの概念の無いこの国の習慣(?)のおかげで、そんな立派な教会を囲む町並みも当然当時のままのが大半だから、教会が異彩を放つこともなくしっかり絵になっているから素晴らしいものだ。
IMG_0837.jpg
オーストリアで、バロック調らしい。

IMG_0792.jpg
こちらもオーストリア内で。

IMG_0677.jpg
写真はドイツ、ウルムの大聖堂、途中まで(半分ほど?)登れたのだけど、世界最大の教会建築は伊達ではなかった、脚力的に・・・;

見るべきところはまだまだあるのでまだまだ続く。
本当に色々頑張って見れたんだよね今回は。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/521-567034cf
    この記事へのトラックバック