SA(ETC専用)の恐怖

2012年10月28日 20:49

そもそも栃木からはるばる福井の実家へクルマで帰省する時ですらETCも乗せないままでやり切っていたのは、ひとえに兎にも角にも"クレジットカードを持ちたくなかったから"と言う今時の社会人にあるまじき思考(と言うよりはもはや執念に近かった)をつい最近まで持っていたからに他ならない。
現にそんなことを会社の同僚に語ったら真顔で「社会人としておかしい!」と絶句されてしまった、何がおかしいのか正直当時の自分はまるで理解も出来なかったしする気も皆無だったのだけど。
いや、正直に言えば今ですら・・・、実際カードを所有する立場になっていてすら本来クレジットカードなんか要らないと本気で思っていて、現にカードそのものはタンスの奥深くのしかもやたら変な所に隠してしまっていてやたら滅多には取り出せもし無い状態にしてしまった。
もしかしたらいざと言うときに本気で見付からないと言う事態になるかも知れない、ある意味それもまた安全では有ると思う。
普通の人から見れば異常とも見えるかもしれないけど、殆ど自分にとってカードの存在なんてそれこそ忌み嫌ってると言っても良い位の存在だった。
だからほぼ実質クレジットが無いと作れない(ETC専用カードの存在も知ってはいたものの)ETCカードを持つことも下手したらほぼ永久に無いだろう、と思いつつ毎回一見不便そうな料金レーンをクソ真面目に一旦停止して支払いしていたのである。

が、↑の通り諸般の事情でとうとうカードを作って"しまった"、食わず嫌いならぬ"使わず嫌い"なままなのに。
しかし、嫌いなのは我慢してクレジットが有ると言うことは、ETCカードが作れることになったのである。
これを使わない手は無い、ともうその場の勢いにも任せてETCカードも作り、さっさと車載機も乗せてしまった。
それにしても予約も何もなく頼んだ自分が悪いのだけど、待ち時間の長さと言ったら無い。
セットアップとかそもそも車載機を載せる作業があるからしょうがないとは言え、やはりこの手の待ち時間は退屈この上ない。
セットアップさえ判ればいっそ自分でやった方が良かったのかも知れないけど、まあ多分かなり危険な方法でもあると思う。
上手く行かなければETCレーンを塞ぐこと確定なのだからろくな顛末にならない。
そもそも工賃にしたってそこまでべらぼうにぼったくってる訳でも無いから、大人しく任せてしまうべきなのだろう。
現に早速レーンを試しに通過したら(当然ながら)難なく認識してくれて通過できた。

何と言うか、何なのだろう。
このレーンをノンストップで通過できた瞬間の感情が「とうとう出来るようになった!」的な喜びなのか、「やっと世間一般に追い付いた・・・;」と言う焦燥から解放された安堵感なのか・・・、実に複雑な感覚だった。
たかがETC、されどETCだった訳である。
まあこれでインプの高速移動が多少また楽になったし(特に¥的になのは言うまでもありません)、たまにあるETCのみ乗り降り可能なSAでも全然怖くなくなった。
「このSAで降りたら近いんだけどね・・・ETC専用だけど」と言う苦情めいた事態に陥らなくなるだけでも充分なのである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/514-caa70a9b
    この記事へのトラックバック