原因は熱ダレか?

2012年09月29日 19:40

車検から帰ってきて2週間ほど。
今までどおりと言った感じでインプに乗っているのだけど、懸案だったミッションの調子が随分良い。
車検前までは「果たしてオイル交換程度で治ってくれるものか・・・」と正直かなり不安だったのだけど、まずは解決できたようだ。
とは言えクラッチが大分磨り減ってきているのは紛れも無い事実だから、それをどうするかもまた後々考えないといけない。

それにオイル交換だけで本当にミッションの調子が戻ってくれているのかどうかも、もうしばらく走らせて見ないと判らないと言うのも正直な所だ。
悪い時はそれこそ30分も走っていれば次第に2と4速が渋りだし、しまいにゃシフトを押し込む度に「ギャリッ!」と如何にも宜しくない音を立てていたから、それに比べたらまるで何事もなかったかのように走り始めから終わりまで一貫して「フツー」の感触と状態が続いているから、悪い時よりは遥かに治っているはずではある。
季節も症状が一気に悪くなりだした7~8月に比べたら今はもう大分気温も下がってきてくれて(特に出勤・退勤時はかなり涼しい位だ)、必然的にクルマに対する負荷が下がってきていることも忘れてはいけない。
まあいくらインプが古いとは言ってもそこは90年代以降のクルマ、今までも夏場だからと言って特に調子を落とすようなことは無かったから、今の時点で問題ないなら恐らく来年以降の夏場も何とか乗り切ってくれるだろう。

そう言えば車検の時オイル交換を追加で頼んだ際担当の人から「ミッションオイルどれにしましょうか?」と聞かれてちょっと驚いた記憶がある。
今やディーラーの店でも(ラインナップは少ないとは言え)オイルとかの"選択肢が有る"時代なのだ。
メーカー直系のディーラーなんかオイルなんざ純正しかないのが普通と思いきや、意外とその辺の融通はちょっとだけとは言え有るらしい。
"有る"と言ってもさすがに量販店並にあれやこれや選択に迷うほどの数が有る訳ではないし、ミッションオイルに限って言えば純正の10倍位値段が違っていてそっちでも驚いてしまったから、結局今回は殆ど迷わず純正で交換を済ませてしまった。
「いっそ、試してみても良かったのかな?」とか思わなくも無かったけど、まあ紛い物じゃあるまいしましてやちゃんと交換した効果が有ったのだから困ったら純正で何も問題ないのだと思う。
これから行楽シーズンだし、折角なのだからちょっと時間を作って何処か遠出したいものだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/511-3fbbc601
    この記事へのトラックバック