早起きしてやることではない

2012年08月25日 23:29

唐突にサムネさんへ電話してやり方を聞きに行く辺りド素人加減満載なのだけど、折角車高調まで入れたので実際調整してみようと急に思い立った。
どのくらい急かと言われたら、休日なのに珍しく朝8時過ぎに目が覚めて二度寝するつもりがふと頭の中に「車高調弄ってみるか・・・」と言う珍妙な言葉が唐突に頭に浮かんだが最後、凄まじく悶々として寝れなくなってしまい本当に調整してしまおうとそのまま起きてしまった。
・・・と言うくらい急だと言えば判りやすいだろうか。
この辺が私が自らをミーハーと言う由縁である、もっと冷静になりなさいと言いたい、自分にね。

そんな欲望を満たす為にわざわざ改めてウマまで買い込んでは見たものの、結局タイヤまで外してまだまだ新品の緑のサスを眺めるだけ眺めて・・・、結局車高を下げるのは止めてしまった。
理由はいまいちどう下げるのが良いのか不安が何処までも付きまとってしまったから。
どうにも"ちゃんと調整できているのかどうか"が自分でも判らなくなりそうだったので、そんな不安になるならしない方がそもそも安全だろうとそこは潔く諦めてしまった。
まさか左右で下げ幅が違って傾いたクルマになったら、さすがにこれは格好が悪い。
そもそも控えめとは言え今の時点で車高は明らかに下げてもらっているので、無理に弄ってもしょうがないと言う気持ちがあったのも事実だ。
替わりにわざわざジャッキアップしてタイヤまで引っこ抜いたので、折角だからと減衰力は弄ってみた。
改めて確認したら大分弱めに振られていたので試しに今度は強めに振り直してみたのだけど、妙なことに強めにした方が乗り心地が良いと思ったのは何故だろう。
減衰力が弱い方が乗り心地には良いと言うのが一般論なのに、実際思い切り強めに振り直したからさすがに違いは判ったものの、こっちの方がやけにしっくりきたと言うか乗りやすいと思ったのは・・・乗り心地が良くなったと言うわけじゃないのだろうか?

正直自分のテンションとか体調でそんな"心地"なんざいかようにでも変わると言うのは自身で証明済みだから、今度のこれも実はただの錯覚かも知れない、それ位自分の感触はあてにならない。
とは言え今回はまたしてもプールで水泳した前後で乗ってみたのだけど、余力の大小によらず同じ感触だったから案外本当に強めの方が自分の感触には合ってるのかも知れない。
こんなことを言い出したら本当に何処がジャストなのか、弄りまくった挙句に判らなくなる自分が頭に直ぐに思い浮かんでしまい、当分はこのままで良さそうだと思い直した休日の昼下がりであった。
と言うよりこのクソ暑い夏の日にやる作業ではないと言った方が正しいかも知れない。

サス交換後
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/504-aab3a5c4
    この記事へのトラックバック