サザエさんは不愉快

2012年08月19日 23:15

人によっては意外に思われるかも知れないけど、どうやら自分はかなりの天然ボケと言うか"抜けている"時が多々有るらしい。
いや、自分でもどうにも「抜けてるなあ自分・・・」と独りごちてしまうくらいだから、"らしい"ドコロではもはや無いのだけど、とりわけかなり酷いのが物忘れだ。
物忘れと言っても「アレをやるのを忘れた!」とか行動の方ではなく本当に「モノ」を忘れてしまい、エライ目に遭うことが良くある。

つい先日岡山へ結婚式の打ち合わせに出た時は駅の改札の目の前に来るまで財布を忘れたことに気が付かなかった。
出掛ける前に財布の中にいくら残っていたか頭の中で記憶をたぐったりまでしたのに、肝心の財布そのものは持ち出していなかったのだから、財布を忘れたと気付いた時の混乱振りは半端無かった。
そしてこの前実家からUターンで戻ってきた時には今度は携帯を実家に忘れてきた。
今時携帯何か殆ど肌身離さず持つものなのに、いやそう思いこんだせいなのかあっさりと忘れてしまったのだ。
それも直前まで実家に帰省していた甥っ子(1歳半)に散々弄ばれてやっとこさ奪い返した時には直ぐにいつも通りジーパンのポケットに押し込んだはずが、何かの拍子で携帯を出して机の上に置いたまま実家から自宅へ戻ってきてしまったのだ。
自宅には固定電話が無いから実家の親連中もさすがにどうするべきか焦ったらしい。
そりゃ連絡をつけようにも連作先の携帯が実家に有るのだから、困るに決まっている。
そして今度はまた結婚式の打ち合わせで岡山へ行った帰りに腕時計を忘れて戻ってきてしまった。
これも妻が家に戻ったらしっかりと机の上に鎮座していたのだから良かったものの、ここ最近本当にモノの忘れ具合が半端無い。

妻から「このドジっ娘(?)め!」だの「これからはサザエ・ミヨシケだな!」と散々空き放題言われてしまう始末だけど、やらかした方ならご存知の通り、この手の忘れ物をするととてもじゃないけど愉快では全く無いのも世の常なのである。
それにしても改札のド真ん前に来るまで気が付かないとか・・・;
齢30にして早くもボケに掛かったのだろうか、とか不安になって物忘れ診断テストとかやってみても結果はさすがに悪い訳は無い。
そらそうだ、テスト程度で異常が出たら多分症状としてはもう相当進行していると見た方が良いのがこの手のパターンだろう。
これが生来の慌て者な性格から来るものなのか、やっぱり脳のどこかがイカレているのか何なのか、少なくとも自分の生年月日とか人の名前を間違えるとか本当に致命的なレベルになっていないから、しばらくは本人が気を付けるしかないようである。
人生色んな不安との闘いなのである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/502-9cd59899
    この記事へのトラックバック