平凡な週末

2007年01月28日 23:11

結局時計は電池切れですぐ治った.
「直る」を「治る」って書くのはやっぱりちょっとおかしいのかも知れない,基本的に人の病気や怪我が回復したときに使うはずだからなあ.
けど,インプレッサともどもこの時計はやはり愛着がある訳で,電池交換のみであっけないくらいすぐに治った時には拍子抜けすらしてしまった.
とは言え,左手にぱちっとはまる感触はやはり馴染んだものの証拠.
これでふと時間を気にして左手を見ても何の問題も無いと言うことだ.

そのついでにバッティングセンター行ってはみたものの,何せヴィクセン負傷で左手は運動に使えなさそうだったのでストラックアウトだけやってみることに,バッティングの分も¥が回せるなあと思い切って連続5セットやってみたけど,おかげで体力的にも余裕あったのか単に調子が良かったのか最高で6枚抜きまで出来た.
後で話してたら「6枚は何気に凄いのでは」とか閣下に言われたけどどうなんだろ,確かに自分では滅多に出ないけど.
最初の1セットなんかウォームアップで潰した位贅沢にやってみたから,そのおかげかもしれない.

何を大マジにやっちゃってるのか後から笑ってしまうのだけど,良く見るとバッティングセンターって夜なんか特にスーツ姿のサラリーマンが意外と多い.
しかもそういう人に限ってまさに一心不乱でバットを振っているもんだから,何があったんだと意味も無く心配してしまう.
いや,あの集中力は尋常ではない,隣のボックスに立ってチラッと見てもその真剣振りが窺えてしまう.
きっと白球を某上司か某取引先か某言いがかりばっかつけてくる客に見立ててるに違いない.
でも自分の例で言えばあんまり人の顔に見立てても打てないんだよなあ,逆に集中できないとは思う,ストラックアウトもそんなに集中して的は狙ってないけど.
たまにはちょっと運動を,なんて感じならまあ丁度いい所だとは思うけど,ストレス発散になるかはちと疑問,当たらなかったらむしろストレス増大になるし.

後は日用品を買い漁ったりいつも通りラーメン食ったり部屋の掃除やったりと特に何かでかいことがある訳でもない普通の休日だった.
でも年が明けてからこう言う休日を過ごしたのが初めてだったりする.
どうりでやたらとのんびりした気分だったわけだ.
こういうのが本当の休日と言えば休日なのだけど.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/50-dddb701e
    この記事へのトラックバック