言い訳無用といわれても・・・

2012年04月06日 02:22

大体ココに仕事の話を書くと言うことはろくでもないことが起きている(勿論主に仕事の内容で)ことが多い。
つまり、必然的に愚痴めいたと言うべきか仕事上の"良い"話がこんなワールドワイドウェブの世界に載ることはまず無いのである。

そんな前置きは良いとしても、ここ最近相当忙しくなった。
変な仕事は増えるわ不具合は多発するわで、仕事が回っていない感じがしてしょうがない。
いつの間にうちの部署はこんなに人が居なくなったと言うか消えたのだろうか・・・?とぼやかずにはいられない位、何故か仕事のボリュームが余りにも圧倒的な勢いで押し寄せてきている、気がする。
こうなってくると担当者は勿論、管理する連中もまるで何処で誰が何をやっているかなんかとても把握できてなんか居ないと思う、と言うかもはや出来てはいない。
良くもまあ今になってココまで過密な仕事状況へ追い込んだものだと誰の成果判らぬままに独り感心してしまう、それ位自分の仕事も周りの後輩連中の仕事も存分に"回っていない。

世の中大半の企業なんかそんなもので、俗に言う"ブラック"企業の実態から見ればお前さんなんかまだ恵まれている方だ。
と言う意見もあるだろうし、そもそもそんだけの仕事が確実に存在しているのだから今のご時世感謝すべきだと言う考えも当然説得力は有ると思う。
まあ少なくとも私の上司連中はまずもってそう言うことを力説してくれているのだけど。
とは言え、回りもしない仕事が来たところでそれが会社の利益に繋がるかと言われたら、当然ながら繋がる訳は無いのである。
何故なら「回っていない=完成していない=売ることが出来ない」と言う余りにも当たり前の問題(むしろ不具合)になっているからだ。
目の前の納期の為に喫緊の仕事を優先すると、直ぐ次の納期の仕事が舞い込んでくる。
それの繰り返しが続く以上、どうしても先を見越した仕事の進め方がどうしても出来ない状況だ。
哀しいかな私の力量では少なくとも何とか先を見越そうとしても気が付けば自分の時間に対する視野は一気に狭まって、目の前の仕事しか追い掛けることが出来なくなっている。
真に要領の悪い人間なのだろうな・・・、と最期は「君のの生まれの不幸を呪うが良い!!」とまさにガルマ・ザビ状態である。
要領の悪さは親父殿のせいではないのだが・・・。

愚痴は書いてる人は気晴らしになるから良いものの、見ている人大半は不快になることが多いのが良くないことだ。
しかも書き出したらこの手の愚痴はマジで際限が無い。
やはり仕事がらみのことはココに書かないに越したことが無いのだろう。
スポンサーサイト


コメント

  1. ねむ2 | URL | SOefFdSM

    Re: 言い訳無用といわれても・・・

    愚痴が言える場所があるってのは結構救われる気がするよねえ。
    温泉宿で飲みながら愚痴りあいたいねー。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    無いよりは良い

    全く愚痴をいう余裕も無いのは相当精神衛生上も良くないと思うけどね。

    まあ言ってみた所で事態の改善は出来ないのもまた愚痴なんだろうけど(苦笑)。
    仕事の愚痴はホントに止まらんわ最近。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/482-9ad4cf6a
この記事へのトラックバック