馬鹿は風邪引かないし花粉症にはならない

2012年03月25日 15:19

風邪を引いてからほぼ一週間。

身体のだるさは取れたし喉も痛くはなくなった、のだけど相変わらず鼻づまりは酷いし口で息をしているせいか喉が渇きまくった違和感から咳が止まらない日々が続いている。
それにしても鼻づまりが酷いのが気になる、医者から処方された薬の中にはちゃんと鼻づまりの薬も入っているのに、ちゃんと飲んでいる割にはまるで効いた気がしない。
良くても片側、悪ければもう両側とも鼻の穴は全閉されてしまって口でしか息も出来ないから、話をしている間なんか息をするのも辛くなる始末。
そして渇ききった喉のせいで相変わらず咳が止まない、我ながら酷い悪循環だと思う。

しかし鼻づまりだけ治らないことにふと疑問が湧いた、そして今が"何月か"と思い直してみた瞬間"もう一つの病"を急に思い出した。
そう、今は三月なのだ、花粉はもう随分と前から飛びまくっている。
風邪でヘロヘロになってて"そいつ"の存在をすっかり失念していたらしい、風邪を引くまでそもそもまるで鼻が詰まる気配が無かったから今年は大丈夫なのか??とすっかり油断していたらこの有様だ。
善は急げで今度は内科ではなく毎度御馴染みの耳鼻科へ即行くことにした。
とは言え相変わらず無愛想な耳鼻科の医者曰く、「まだ風邪の方も完治して無いかもね~」とのことで、花粉症の薬ついでに無くなった風邪薬も追加で貰うことにした。

さて、結果から言えば風邪が完治していないと言われつつも耳鼻科で鼻に薬を入れてもらってから急に鼻づまりは良くなってしまった、やはりこっちは花粉だったのだろう。
と、随分気分が良くなったまでは良かったのだけど、今度はやたらと鼻水とくしゃみが止まらなくなってしまった。
どうも鼻の通りが良くなったせいか花粉の通りまで良くなってしまったらしい。
勝手な推測だけど今までと違って鼻水が白い=蓄膿(風邪)じゃないので、こいつの犯人は明らかに花粉で間違いないと思う。
だとしたらとんだ罠に掛かったような気分だ。
風邪が治って鼻がようやく開放されたと思ったら今度は花粉の容赦無い攻撃に晒されるのだから、結局鼻へのダメージは一向に減らないのである。
いつになったら本調子に戻るのか不安でしょうがない・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/481-6e9736a4
    この記事へのトラックバック