サスペンション変えたい病

2012年03月10日 13:04

今更自分でも阿呆だと言うのは十分自覚しているのだけど、年に1度なのか数度なのか唐突にインプの足回りを替えたくなる"衝動"に駆られる。
乗ってるクルマがインプレッサだからそもそも純正で済んでいることの方が珍しい気もするのだけど、幸か不幸か毎回そんな衝動と言うか波を迎えた辺りで最後は結局そのまましぼんでしまう。
が、今回は思いのほかその"病"が深い、もしかしたらが起きるかも知れない。
果たしてそこまで峠とかサーキットに赴くことも無い使い方からしてサスまで弄る必要があるのだろうか、と言うのが第一の理由。
そして私個人の好みの問題としてそこまで"シャコタン"した外観には興味が無いと言うかさほど惹かれていないと言うのが第二の理由だ。

見栄えに関しては今時だと車高を落としているクルマの大半が軽自動車かミニバンか後はでかいセダンの類ばかりで、正直な所その手のクルマ(と持ち主)に辟易している部分が大きい気もする。
使い勝手上全高がそれ相応に高いはずのミニバンに、機能云々を飛び越してベッタベタに落とした足回りを見ると「これで運転大丈夫なのだろうか・・・?」と余計な心配の一つでもしたくなる。
まあそんなのは本当に"余計な心配だから"さて置くとして、ローダウンによる外観は少なくとも自分は気にしていない、と言うか極力下げたくないと言うのが私の考えだったりする。

サーキットとかに"走りに"行かないからサスを変えない、と言うのも良く考えてみれば視野が狭いと言うか短絡的な考えと言われると否定も出来ない。
もう4年ほど前にサムネさんと一緒に人生初のサーキットまで行った時に(どちらかと言えば連れられたほうが正しいが・・・)、予想はあらかたしていたものの余りの世界の違いについてくことすら出来なかった。
そして当然の如く自分で運転しながらも自分で酔ってサムネさんを愕然とさせた記憶がある、と言うかしてた。
その後も幸か不幸か、いや間違いなくこの場合は幸運だと思うのだけど富士まで走ったけどその時のイメージはさすがにちょっと"改善"されていたと思う。
加速の前後Gは勿論、左右G(つまりコーナリング)にも随分と感覚はついていけた。

とは言え、富士で走ってみても果たして「サスまで弄っていたらもっと巧く速く走れるものなのだろうか?」と言う疑念についぞ回答は出てくるわけも無かった。
そんな程度の人間がF1まで開催されたサーキットで(しかも180km/hのリミッターは残ったまま・・・)丸一日走りこんだのだから考えてみれば恐ろしい。
素人の凄いのはそう言う所で一切空気を読めないことなのは真面目に本当だと思う、現に私はやってしまったのだから。
そんな素人がサスを替えても・・・と言う所で毎回相当な躊躇の上、結局その"病"は不治のまま次の機会へ潜伏期間を迎えてしまうのである。
こういう時はそれこそ人にどうこう説得されてもグダグダと引張って治さないのだから、毎回ながら融通の効かない人間である。
さて本当にどうしよう。
替えるなら?
↑の通り誰がどう見ても私は趣味の域すら出ない"素人"なのだから、豚に真珠は避けたいものだ。
と言うかそもそも純正足回りのままで10万キロ(!)走ってきたのだから、極端な話純正の新品に替えただけでも世界が変わってしまう気がする。
さすがにそれでは勿体無いので、車高調整にはするつもりだけど。
ローダウンは最低限、調整幅もザックリ程度、そして何より出来る限り純正に近い耐久性。
この辺が今私の中での選択肢だろう。
スポンサーサイト


コメント

  1. NO NAME | URL | -

    Re: サスペンション変えたい病

    うひひひ。
    その病を根治する方法はひとつしかありません。

    変 え て し ま う

    相談にはいくらでも乗りますぜ。

  2. あのGC8 | URL | hNt4xKsw

    宗教法人へご相談

    きっと延々と議論が終わらないに違いないとも思いつつ・・・w
    まあ病の退治方法としては明らかに効果的だとは思うw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/479-3f4b5a90
この記事へのトラックバック