本日,名古屋出張にて

2007年01月21日 17:27

久しぶりに名古屋の本社に出張してきた,前に行ったのが去年の三月だったからほぼ一年ぶりになる.
それにしても入社してすぐに転勤したものだから同期以外で本社に顔見知りが極端に少なく,まずは「○○課の××さん,どちらにいらっしゃいます??」から始まってしまって,相当に無駄な手間が掛かった.
あっちこっち駆け回ってはまずは人探しからスタートなんて,これほど面倒なことも早々ないだろう.
おまけに結局仕事の結果も悪くて,色々と文句も言われるわ色んな所に貸しも作るわで,18~19のたかが二日間で相当心身ともに疲れさせられた.

それでもどうにか二日間の出張が終わって後は帰宅するだけ,だったのだけどほんの思いつきで折角だからと閣下元帥のお二人と会うことになった.
いや,何が驚いたかって思いつきで言った発起人が自分だったとは言え,二人とも見事に乗ってきてくれたことだ,ノリ良すぎ.
それくらい本当にあっさりと集まることが決まってしまった,予定も減った暮れもない,勢いと言うのはこういうもんなんだろう.
ちなみに元帥とは彼がこっちに来てくれてからだから二回目,閣下とは当然ながら初対面,趣味嗜好で共通点があるとは言え全く環境の違う三人がご対面する機会に恵まれるとは,なかなか自分も稀有な経験の持ち主なのかも知れない.
言ってみるもんだな思い切って.

三人集まってやったことと言えば飯食って長々と駄弁りまくってちょっとゲーセンで遊んでまた長々と駄弁りまくっての繰り返し,そんな感じだった.
ファミレスでただ単にしゃべりまくってたのも結構久しぶりだったけど,普段メッセで会話しているのとは違った感覚だった.
メッセだと一言一言にどうしてもなるけど,面と向かって会話すると一文一文か一小節一小節といった所まで範囲が広く出来るといった感じ.
相手の顔を見てるからどこまで話をしようとしているか,ある程度は判るので聞く側も最後まで聞こうという姿勢になる.
そして話し終えた所で次の話が順次始まる,と言った順序立てが綺麗に出来てくれてメッセと比べると会話が噛み合いやすかった.
しかしまだ初対面と二回目の人を相手にしたにしては,相当話の内容はマニアックかつ濃密だった.
自分でも他の面子,例えば高校の同期とか会社の同僚相手にあそこまで色々あれこれ話せる自信は正直無い,それも良く考えてみると面白い現象だと思う.

そうそう,元帥のセリカにも昨年以来乗せてもらった.
元帥が勧めてくれたとは言え,人のクルマを全く知らない道で乗ってみて良かったんだろうかなとか,今になって結構凄いことしたもんだと思う.
ともかくセリカ,去年乗せてもらってから結構色々変えたと聞いていたけど,確かに変わった,其れも随分良い方向に.
クラッチは随分重くなっていたけど(やっぱりエンストした;)カチッと繋がるし,足回りも変わってたけどレスポンスはちょっと走っただけでも十分実感出来た.
レカロも短足の自分ではペダルがちょっと遠かったけど,座った感じはなかなか良い,コレくらいホールドが良い方が自分にはありがたい.
いいクルマに仕上がってると思う,乗り手の手間と思い入れが十分感じ取れるクルマだ.

閣下とはその後別れて自分は元帥のお宅に一泊させてもらい,次の日元帥の誘いに乗って温泉にふらっと行ったり晩飯にやたら旨いとんかつ食ったり,あそこは旨かったなあホント.

結局賞味一日半ほど,久しく無い面白い休日を過ごせた.
元帥は何やら再び栃木に来ることを楽しみにしているらしいから,今度また機会を作って(相も変わらず唐突になる可能性は大だが),また三人で集まってみたいものだ.

何はさておき,お付き合い頂いたお二人には感謝感謝.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/47-74fabf9d
    この記事へのトラックバック