AQUOS PHONE slider

2011年12月30日 21:40

実家に帰省した翌日、何を思い立ったのか実に6年以上も使い込んだFOMA N902にとうとう別れを告げて、スマホへ機種変更した。
どうしてもテンキー時代の動かし方に馴染んでしまっていた私に、あの画面を指でシュッシュッと動かす様がピンとこなかったのが今の今まで携帯の機種変を渋っていた一番の理由だったのだけど、そんな私の思惑をやっと汲み取ってくれたのかあるいは(主に女性に)同じことを思っているユーザーが実は意外と多かったせいなのか、とうとうこんな商品がdocomoでも出てくれたので、"これはちょうど良い機会なのかも知れない"と思い切って変えてしまった次第だ。
とは言えカラーリングからしてそもそも女性向けのスマホに惹かれた自分はどういう頭なのかと心配にもなった。
何せ先に見かけた家電屋では「女子力UP!!」とデカデカと掲げられたブースに並んでいたのだから、正直それだけのせいで買う勇気がなくなってしまった。
カラーリングもいかにもで白かゴールドのみだし。

テンキー付きのスマホ
と聞いて「そんなの意味無いじゃん」と言われる御仁も居るかも知れないけど、少なくとも私個人にとって見ればメールや電話番号をタッチパネルではなくキーで打ち込めるのはかなり重要な部分だった。
現行から次世代へ移るに移れない半端な世代の自分・・・、への一種の救済案と言うのかもしくは折衷案とも言うのか。
おかげでスマホとしては画面が微妙に小さいしそもそもテンキーをスライド収納する為スマホなのにかなり分厚く当然重いのもネックと言えばネックだろう。
元々でかい画面が売りのスマホの形状に無理やりテンキーとジョグを与えたせいか、実はボタン形状なども今までの"普通の"携帯よりはちょっと扱いづらい。
この辺はNEC⇒シャープへメーカーが変わったのも影響はしているだろう、メーカーついでに言えばテンキーで文字をガチャガチャ打ち込んでいても微妙に"@"や濁点などの変換のやり方が異なるので、その辺は慣れが必要だ。
個人的にはNECの変換方法がかなり理にかなっていたと思うのだけど、シャープ型にすぐ慣れるだろうか、とも不安である。

兎にも角にも今は何とか壁紙をとっかえたり、着信音を探したりと出来る範囲で"ミヨシケ仕様"へ展開中である。
使いこなす感覚がさすがに現段階ではまるで先が見えないのは、やはり自分がもう先代なのだからだろうか。
あっちゃこっちゃ弄くり回しては失敗している様を見て母親すら「ねにやっとんじゃ・・・」と突っ込みを入れる始末なので、ホントに先が思いやられる。
アプリを探してくるのももうしばし先の話になりそうだ・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/469-56b97f8d
    この記事へのトラックバック