店員

2011年08月26日 19:12

久々に無印のあるショッピングモールまでクルマを飛ばして行ってきた。
本を買うついでにハンカチやらなにやら小物が細くなったのである。
自分の場合その手の小物類なら大体は無印かユニクロでほぼ揃う、半分消耗品のようなものだからその程度の値段のものの方が却って良い。

先に本屋へ寄って目的の品を手に入れる、とは言え本自体は実は6月にはもう発売されていたと言うことを不覚にも昨夜になって初めて知ったものだから、気分的には結構出遅れた感だ。
漫画なり何なり気に言っている本は割とこまめに発売日なんかを確認していたはずが、何だかんだであっさりと自分の捜査範囲から綺麗に抜けてしまっていたようだ。
その脚で取って返して無印へ、"無印"の文字の通り、ココの品物は形にしろ色にしろ人によっては酷いと言われる位の"素っ気無さ"が自分はむしろ好きだったりする。
衣類とか、或いは使い勝手をある程度は拘らなくてはいけない筆記用具類とかでなければ、この無愛想な実用一辺倒の小物類は自分には本当に都合が良い。

が、そんな素っ気無い雰囲気を感じさせていたのは何も店に売られてる賞品だけではなかったらしい。
欲しい物をあれこれと物色していたら唐突に見慣れぬおばさんに、
「なんちゃら(正直聞き取れなかった)タオルって何処に置いてますか?」
と尋ねられてしまった。
呆気に取られていると、そのおばさん聞き取れなかったのを察したのか再び「なんちゃら(正直聞き取れなかった)タオルって何処に置いてますか?」と聞いてくるではないか。
一瞬(と言っても実際数秒位は自分の頭の中を整理する時間が経ったと思う)の間を置いてやっと状況を察した自分はおもむろにこう答えるしかなかった。
「すいません、私は店員じゃ無いので。」
直後、おばさんは「ああ!すいません・・・」と大人しく去っていったのだが、よもやこの期に及んで何を間違えて私を無印の店員を思いさらしやがったのか・・・。
とふと自分の出で立ちを見直してみたらなるほど、ジーパンに白いポロシャツ、しかも柄もイラストも模様も一切無い、そして腰には財布とメガネを入れたポーチがぶらん・・・。
確かにこのまま胸に店員の名札でも引っ掛けていたら実に違和感無く店員のように見られてもおかしくは無い・・・のだろうか。
自分はいそいそと陳列されている品物を物色していただけなのに、そのおばさんはむしろ品物を並び直しているうだつの上がらない店員に見えていたと言うのだろうか。

せめてあのおばさんには名札の有無くらい見て欲しいのだが・・・、とは言えその時の私はそんなに無印に溶け込む位の素っ気無い出で立ちだったのだろうか??と帰りのインプの中でも散々頭を抱えて悩んでしまった。
気晴らしに買うつもりも無かったロールケーキとバームクーヘンまで無印の袋の中に詰まっていたのは言うまでも無い。
何だろう、私の出で立ちと言うかファッションはそんなに素っ気無いのを通り越して事務的なんだろうか・・・。
さすがに頭を抱えそうになる8月の終わりであった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/453-73aaf069
    この記事へのトラックバック