学生時代と変化が無いランキングNo.2のミヨシケ

2011年05月03日 13:25

「実は今名古屋駅にGと一緒に向かってるところなんだけど、今日の9:45位から飲みにでも行かない?」
ことの始まりはSから来たこの唐突なメール一通からスタートした。
たまたま片付けや所用で実家への帰省を一日ばかり遅らせていたのがこれ幸いして、↑のメールを受け取った時点でもまだ愛知県に自分は居たのである。
とは言え、目下の問題はそのメールを受け取ったのがその日の15:00過ぎと言うことだった。
せめて連休が始まる前日などならともかく、あまりにもぶっつけ本番の勢い任せである。
その証拠にメールにはご丁寧に
まだどこで何をやるか全く決めてないんだけど」
と但し書きが付いていた。
そんなドタバタぶりを尻目に参加可能な面子を確認すると、これがまた学生時代以来とも言える様な(実に7年ぶり!)懐かしい名前まで入っているから、どうやってかき集めた・・・、いやかき"集まった"んだろうかと不思議に思いつつ、実家へは帰省が一日遅れる旨を伝えて急ぎ出掛ける準備を始めたのである。

7年・・・。
考えてみれば相当に長い期間じゃないかと言う気もする、小学校が6年なのだからもはやそれよりも長いのだ。
1年ほど前に会ったメールの主S等はともかく、果たして7年も経ってたら皆さすがに多少は変わっているだろうか・・・、かく言う自分も向こうから見れば少なからず変わって見えるに違いない・・・とか何とか。
ひとまず皆が合流した時の第1感想を勝手に頭の中であれこれシミュレーションしながら地下鉄を乗り継ぐ。
が、世の中私如きが予想出来る程度のレベルなんざはるかに甘いものらしい、と言うか甘すぎた。
良くも悪くも誰一人ほとんど変わっていない。
いや、数年前に集まったときも同じだったけれど、所詮こう言うものなのだろうか?
変わったのはせいぜい髪形(室井さんがいたり)左右と前後幅が拡大して貫禄が付いてたり(メタボとは口が裂けても・・・;)、7年とか言う数字なんかたいしたこと無いんじゃないの?としか思えないようなレベルの数々。
その中の一人、Iは見事なまでの変わら"無さ"ぶりで見事「学生時代と変化が無いランキングNo.1」に輝いてしまっていた。
いや、確かに変わってないのである、時系列おかしくないか?
そのⅠから「ミヨシケさん、全然変わってないですね・・・;」と言われた自分は「時代がやっと老け顔に追いついた」と言うことで2位表彰台を確保出来てしまっていたので、あまり人のことは言えないのだけど・・・。
にしてもどんだけ昔から老けていたのだろうか私は。

飲み会で盛り上がったり、急にゲーセンへ行ってチロルチョコを奪いまくったり
挙句は夕暮れ時に「・・・ナゴヤドームにでも行かね?」と言う唐突な提案に乗ってみたらデーゲームで試合が終わってたりと、やることなすこと突発的で無計画振りを遺憾なく発揮した二日間であった。
得てしてこういうものは何も考えずにやる方がサプライズもあって面白いのかも知れない。
行くところと時間だけはもう少し計画的な方が良いとは思うけど。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/438-506b3ce4
    この記事へのトラックバック