フルモデルチェンジの意味は?

2011年04月24日 01:58

「クルマがフルモデルチェンジする度に大きくなる数値がある。ボディサイズ,車両重量,そして価格である。」
とある雑誌にあった一文だけど,まさにすべからくほぼ全てのクルマは全く抵抗することも無いかのようにこの"ルール"に付き従っているように見える。
日本には5ナンバーと3ナンバー,そして重量税・更に軽自動車枠の関係が有るから,全てが当てはまる訳ではないけど,それでも多くのメーカーはまるで義務感に駆られたかのようにこのルールを守ってしまっている,それも自発的にだ。

雑誌にあったこの文面を思い出したのは,かねて噂にあった新型インプレッサの発表記事を見た時のことだ。
"ミニレガシイ"なんて記事に上がっているのは,実際サイズが特に先代レガシイにドンドン追い付きだしているからで(単純に車幅では完全に追い付いた),フロントの外観のせいかホントにパッと見るとレガシイのように見えてしまうから奇妙な話だ。
下手をしたら見る人によったら「へえ,新しいレガシイこんななんだ。」なんて言い出しかねない気がしなくもない,そんなことは無いか。
さてそんな"ミニレガシイ"になった(なってしまった?)インプレッサ。
例によって今回も発表の場は国内じゃなく北米はNYショーと言うのだから,スバルの視点がどっちを向いているかもはや明らかなことだ。
実際,相変わらずトヨタ然としたイメージもある4ドアセダンがやたら日本車らしく見えるのに対して,5ドアはすぐにもアメ車に見えてしまうのは個人的な先入観だけじゃないと思う。
"グローバル"と言えば確かに説得力もあるし聞こえも宜しいのだけど,その実肝心の国内には向いてないんじゃ無いかとも思う。
それにしても誰がどう見ても"スバル"とはっきり判りそうなフロント周りとは裏腹に,リヤの外観はかなり色々なイメージがごった返してるんじゃないかと思う。
セダンはトヨタともニッサンとも取れなくもないし,ワゴンはやっぱりBMWの雰囲気が残る(テールランプがまんま過ぎるから??)。
変にいいとこどりをしたその上に独自のデザインを被せたからか,妙にあちこち出っ張っててまとまってないように見える。

昔,大学の知り合いが「スバルのリヤのデザインは下手くそだ!!」とまで言っててその時は「そんなに酷いか?;」と思ったものだけど,何となくそいつの言いたいことが今になって判らなくも無い。
とかく,初代のインプに乗ってる自分からすれば「随分違うクルマに成長しちゃったな」と言うのが偽らざる素直な感想だ,少なくともレガシイともども車格が随分上を向いているのは間違いないだろう。
現行モデルの時点で既にそうなってるけど,今回のモデルチェンジでその流れは確実になったと言うことだろう。
そして二つのクルマの上がった車格を埋める為に,例のFT-86のスバル版が入ってくるのだろうか。
埋まるような埋まらないような・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/437-2e8201ab
    この記事へのトラックバック