私の手持ちのコマは・・・?

2011年02月13日 20:31

自分だけかもしれないけど,この寒い冬場になると一つ自宅で問題が発生する。
それは,あれやこれやと家電をフル稼働させたせいで時にブレーカーが落ちることだ。
特にこの時期になるとエアコンと足元のハロゲンヒータはほぼ毎日確実に稼動しているから,タダでさえ自宅の手持ちに対して電流値が余裕がなくなっているようだ。
その「ようだ」が実の所どんなものなのか把握もしてなかったので,興味本位でメインで使用頻度の多い家電のアンペアを調べてしまうことにしたのである。
調べてみると何だかんだでどの家電製品も何処かには必ずアンペアか,無ければ出力と電圧が記載されているから,その手のラベルの位置さえ判れば調べるのは結構容易だった。
さて,このミヨシケ宅のブレーカー落ちの主犯となっている要注意家電は結局何なのか・・・

まず,自宅の"手持ち"とも言うべきブレーカーの数値は30A
こんなものを比較した(大体賃貸物件でもこれが表示されてない)ことも無いから大きいのか少ないのかどうにも判断しかねるけど,一人暮らしのアパートならほぼ標準だろうか,違ってたらごめんなさいである。
さて,そんな自宅内の主に私用している家電の各アンペアはこうなる。

PC+ディスプレイ:3.0A+0.75A
電気ポット(多分煮沸時):9.05A
電子レンジ:7.0A
ドライヤ:12.0A
洗濯機:3.3A
ハロゲンヒータ:5.0A
エアコン:暖房標準:11.2A+室外機定格:8.0A
その他多分照明機器でいくらか・・・

こんな感じ,予想した人がいたらどうだろう?近かったかまるで予想外だったか。
兎にも角にもこの時期なかなか切ることが許されないエアコンだけでほぼ自宅の手持ちの2/3を食い潰してしまっている,さすがにこれはお財布的にもでかい。
普段家にいるときではこのエアコンにハロゲンとPCが"常駐"しているから,それで事実上自宅の手持ちは無くなってしまう。
この状態でちょっと温めものを・・・と思ってレンジを使えばブレーカーが落ちて当然なのだ。
後はもう熱源関係は当然といえば当然なくらい数値は群を抜いている。
今ではその消費電力の高さで殆どセラミックヒーターに置き換わったはずのハロゲンにしても意外やそこまで高くは無くて,それにもましてドライヤーは使う時間が短いにしてもかなりのものだ。

結局ブレーカー落ちを防止するにはエアコンを切ってしまうのが最も手っ取り早いようだ,それだけで相当な余裕が出来てしまう。
この時期に暖め切れてない室内でエアコンを切ってまで他の家電を稼動させるにはそれ相応の勇気がいると思うのだけど,なかなか電気のやり繰りも容易ではないらしい。
自宅でのECOに殆ど興味も示さない自分ですらこのやり繰り様なのだから,真面目に節電に取り組んでいる人なんかどんなことをしているのだろう,とかふと思う。
やはり滅多に?ブレーカーが落ちたことなど無いのだろうか。
末端冷え性で毎年悩まされる自分からするとハロゲンとエアコンの両稼動はどうあがいても守りたい防衛線のようなものなのだけど,そのハロゲンにしても実は5.0A。
なんとも考えさせられる・・・。
スポンサーサイト


コメント

  1. GT@布団の旦那 | URL | -

    Re: 私の手持ちのコマは・・・?

    ミヨシケさんも愛人(こたつ)を作れば良いと思いますよ。上半身は寒いけど厚着でなんとかなります。

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    愛人は

    正直あんまり家に入れる気がしないんですね,日本人なのに。
    何だかんだでコタツ布団とか邪魔くさいお局様も付いてくるし。

    後,基本屋内じゃ結構薄着"らしい"(?)ので,部屋の温度の方が気になるというのもありますね。
    色々人によるもんです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/426-50dd7d8d
この記事へのトラックバック