運動不足とは言わないけれど

2010年11月27日 20:55

仕事で指を派手に怪我をして怖くて行けなかったのが一つ,そして普段なら会社を早上がりして行けるはずの日でも取引先の来客だったり,はたまた土曜出勤でそもそもの時間が無かったりなどが一つ。
そんな結局並べてみると言い訳ばかりしか並んでこないのだけど,今まで出来ていたことが出来なくんった理由なんか大抵そんなものなのだろう。
そんな色々な言い訳にかこつけて実は丸々3週間ほど水泳に行かずじまいだった。
ここまで行かなかったのはプールの定期メンテで閉鎖されてた時とか実家に帰省していた時とか,止むに止まれぬ状態を除けば恐らく初めてだと思う。
とにかく自分でも指の怪我の方が当然と言えば当然なのだけどあまりに不測の事態に過ぎたのが一番大きかった。
自分のミスとは言え思ったより傷が深い上に,皮も最初は何とか残っていたのが結局直ぐに引っ剥がれて傷口が完全に露出してしまって,どうにも慎重に回復させるしか手が無かった。
今更ながらプールの水なんか雑菌の溜まり場以外の何者でもない。

いつも言っている通り,運動だろうが遊びだろうが技術だろうが人間一旦止めてしまうとその後の衰え方は文字通り二次関数的な凄まじさを見せてしまう,人間の身体も心も鈍るのは本当に速い。
皆さんの中で一番経験があるとすれば,例えばPCの使い込みが祟って自分で書く文字が相当下手になったとか,クルマに慣れて自転車を漕ぐと死にそうになるとか,身近なものでもよく有ることだと思う。
今までも2週間や長ければ1ヶ月間をおいた後の水泳なんか我ながら眼も当てられない位のボロクソ振りだった。
まず肩と太股があっという間に動かなくなる,そして息継ぎがろくに出来なくてまともに前に進んで行く気がしない。
最後は・・・これは自分特有なのだけど,クロールで同じ向きに顔を動かしていると実は目が回りだす
にわかには信じてもらえないだろうけど,乗り物酔いが極端に酷い自分なんかはクロールの連続だけでも三半規管が音を上げてしまうらしい。
自分で運転していてもたまに酔うくらいだから,自分の中ではもはや珍しくも無いのだけど・・・。
そんなズタボロになるのを覚悟の上で,さあ3週間ぶりの水泳に挑んだ訳だったけど,結果は勿論ズタボロだったのはもはや説明するのも哀しい位だ。
自分の身体のポンコツ振りを心から実感できる瞬間でもある。
それでも何とか息は続いたので,とにかく身体を再びこの雑菌まみれの塩素水の環境に慣れ直させなければ,とリハビリ的な運動をやりきることは出来た,長年の継続のおかげか(実質もう4年くらいじゃなかろうか)息が上がることが無かったのは我ながら心強く,それ任せに押し切ってみたのだ。

そんなリハビリからいよいよ本番へ・・・と思ったら,今度はプールの定期メンテが来週からと言うことでまたしても1ヶ月ほどブランクが出来る"予定"(?)が立ってしまった。
正直かなり不安だ,今までに無い位身体能力が落ち込むんじゃないかと気が気でならない。
そしていざそれに気が付いて心機一転鍛えなおすことが出来るとかと言えば,過去の他人の例を見れば恐らく不可能に違いない。
何か良い感じに身体動かせること無いか,教えて下さいませんか・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/415-47044afc
    この記事へのトラックバック