COTY

2010年11月12日 02:05

COTYの選考結果とやらが果たして評価として適切なのかそうでないのか,その手の議論をこんな個人のブログでやるつもりもないし,wikiなり何なりで検索して頂ければその手の情報はいくらでも出てくるだろうと思う。
ひとまずノミネートされたラインナップを見れば,さすがにCR-Zがとっても可笑しくは無いと思う。
マーチやスイフトでは前々回のフィットの二番煎じのイメージはあるしそもそも最新の2台を前にしてもフィットの小型車としての「万能性」はまだ圧倒的な気がする。
インプレッサSTI4ドアもそもそも5ドアから大分時間が経ってからの登場だし,今のご時世のせいか「エコ」と言うお題目に反するクルマが10ノミネートに残るのは至難の業なのだろうか,エボXやZは何とか10ノミネートには残ったと言うのにエライ違いでもある。
同じホンダでもシビックタイプR EURO(いつの間にまた国内で売るんだ・・・;)もさらっと落ちていた,何か意外と10ノミネートまで残っていそうな雰囲気なんだけど。
この手の選考にミニバンタイプがなかなか残らないのも良くある光景で今更驚かないし,エルグランドがノミネートされてもな・・・と言う変な気分になるのは私がまだそっちの世界を知らないからだけなのだろうか。
「エコ」と言うカテゴリーからすれば,ただ1台最新のコモンレールディーゼルを投入したパジェロなんかかなり面白そうな存在だったのだけど,マイナーチェンジと言うかエンジンのみの変更だったのがあまりイヤーカーっぽくなかったのだろうか。
何かこう,世間の評価に対して勝手に想像,と言うよりもはや妄想しているのはちょっと楽しくなってしまう。
但し当然ながら自分個人の「勝手な」妄想だから,それが正しいかどうかなんか論外の沙汰だ。

ここまで書きながら,ふと久々に色々と試乗にでも出掛けようかと思い立っている所だ。
久々に代休で平日が休みになれたのでたまには家に籠もらずに思い切って外に出てあれこれ見てみようと思う。
そうでなくてもこちらへ転勤になってからさっぱり試乗に行く気が起きなくなっていて,実際1年以上「新型車」と言うものを味わってもいない。
一つには試乗してまで見てみたいクルマが本当に少なくなったと言うのもあるし(興味があればそれこそエクストレイルディーゼルまで乗っていた),自分の済んでいる界隈は思いの外渋滞も常に多いから思うように試乗も出来そうに無いと感じていたのもある。
会社の同僚から「ディーラー荒らしだなある意味;」と半ば呆れられていた位栃木時代はあれこれ乗りまくったものだけど,それでも何か自分の中の琴線にピンっと来るものがあったクルマは殆ど無かった記憶がある。
結局今乗っているインプへの原体験的な色眼鏡が酷いだけと言われれば事実そうなのだけど。

目標は,パジェロ(勿論ディーゼル)・長年ほったらかしておいたCR-Z・そして21年ぶり(!)に新型エンジンを登場させたスバルフォレスター当たりに絞っている。
エンジンの種類からしてあまりに多種多様だ,変な混同をしなければ良いのだけど。
但し,パジェロは置いてあるディーラーからして遠すぎると言う検索結果が出たので,早速雲行きが怪しい所だ。
いっそハイブリッドついでにSAIでもありかも知れない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/412-d404dac0
    この記事へのトラックバック