座椅子どころかちょっとした布団

2010年08月23日 19:49

実の所,大学の頃からずっと自宅では床(の上にカーペットは敷く)に座り込んでのちゃぶ台生活を送って来ている,一度なりとも自分の家に入ったことのある方なら覚えているだろう通り,いわゆる勉強机とかパソコンデスクの類は一切無くて,その部屋の中央に鎮座している真四角正方形のちゃぶ台こそが私の自宅での文字通りの「生活基盤」なのだ。
当然ながらちゃぶ台なので,椅子ではなくそのまま自分が床にべったりと尻を下ろして食事なりPC作業なりにいそしむのが基本となるのだけど,実は会社勤めを始めてからこの方ソファや座椅子の類を一切使わずにちゃぶ台の前に座っていたという変な(?)経緯がある。

とは言え,昔栃木に居た頃は部屋が狭いこともあってちゃぶ台のすぐ後ろにベッドがあったから,そのベッドの角に背中を預けるようにして過ごすことが多かったので(角そのままは痛いのでさすがに座布団なんかは挟んでました),体勢を維持するのが辛いという感じは無かったと思う。
実質的には背もたれがあるようなものだから無理な姿勢を続けることにはなってなかったのだ。
問題なのは,こちら愛知に転勤になってから。
当然部屋の間取りも変わったしそもそもベッドが無いから,広くなった部屋のど真ん中にちゃぶ台をポンっと置いたまでは良いものの,さあそこからが意外と大変で背中も肘も何も寄りかかるものがないと姿勢を維持しているのが相当辛くなってしまった。
脚を楽にしようとして前に投げ出すと,途端に背中は勝手に後ろへもたれようとする,それを我慢して持ちこたえさせるともはやこれは腹筋の鍛錬の世界で,結局今の今まで胡坐のような正座のような・・・兎にも角にも中途半端な姿勢でずっとちゃぶ台の前に座ってあれこれこなすしかなかったのである。
おかげでくつろぐはずの自宅で毎日殆ど脚の痺れと挌闘する羽目に陥ってたのだから正直笑えない。

いっそ布団でどうにかしてしまおうかとかどうでもいいやり取りを経て,結局今になってホームセンターで座椅子を買ってしまった。
肘掛け付きのサイズも少々でかすぎるのはさて置いて,ひとまず座面と背もたれさえある程度確保出来れば充分だと思ったのだけど,いざ座ってみるとこれがかなり具合が良い。
以前とは打って変わって脚を前に投げ出して伸ばせるし,その状態でゆったりと背中を預けても(当たり前だけど)しっかりと支えられてかなり落ち着ける。
スライドも回転もする訳がないからちゃぶ台から立ち上がるときに少々面倒なだけで,一旦姿勢とちゃぶ台との位置が決まれば後は全く問題無い。
今更こんなことで落ち着けるとは夢にも思って無かった。
夢にも思ってなかったついでなのかよほど身体が楽になっているのか,食事の後になると大抵居眠りしそうになると言うオキラクな「副作用」まで付いてきた,冬場は風邪も引くから気を付けよう。
ともあれ,ちょっとした手直しで随分過ごし方を変えられるものだと我ながら感心している今日この頃である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/400-b4f3abbf
    この記事へのトラックバック