実家の体重計

2006年12月30日 22:10

今年も例年通り実家に帰省したわけですがいつもと違ったのは,敢えて鉄道ではなくインプレッサで帰ってみたという事.
しかし結果的に良かったのかどうかは正直微妙,一部は完全に失敗してるとは思うけど.

今年はとかく暖冬だというしスタッドレスも今年は搭載済みだから,こりゃ今年くらいクルマで帰省しても問題無いよなあ,とかタカをくくっていたら前日になっていきなりの大雪.
とは言え今更電車でと言うのも面倒なので気にせずインプに飛び乗ってのほほ~~~んと高速をすっ飛ばしていったら,もう長野辺りから綺麗に雪景色で,これはヤバいかなあと思っていたのが直に現実と化す訳であります.
途中中央道辺りは何も無かったものの,そこから実家に近付くにつれてまたどこの景色も雪だらけ,おまけにチェーン規制がいたるところに掛かり出して結局朝出てから着くまでに半日くらい掛かってしまった,さすがに時間掛かりすぎ.

今回雪が直前で降ったということで,さすがに新潟経由は怪しいなあと考えて,長野から中央道⇒東名⇒名神って感じで行こうとしたのだけど,如何せん栃木から中央道までのルートがはっきりしてなくて(ナビで検索しても中央道ルートが出ない),下道降りたり戻ってしまったりして余計な時間を食いまくったと言うのが一番の敗因.
会社の先輩の話聞いてる限りではどっかに綺麗に繋げるルートがあるはずなんだけど,その辺うちのナビは頭悪くて全く明後日の方向から行こうとするのだから最後は案内全く使わず,ただの地図と化してしまいました,ホントある所からまるで使えない.
地図の方が使えるって人が結構多いのも理解できる気がする.

で,まあいつもより大分時間掛かりながらも帰省できて,昨日今日とぐったりしていた訳ですが,たまたま家族と話していたら「お前相変わらず細いなあ,ちゃんと飯食ってるのか?」とかいう話になったのです.
で,「体脂肪率いくらなんだ?」と親父が言うので「大体11%かいいときは9.8%かな」とか言ったら,相当驚かれてしまいました.
確かにうちの親父もおっかさんも自分とは全然違って結構太ってるんですけどね,今流行のメタボリック(だっけ?)の方が気にした方が良いとかありがちな健康ブームの話題になってしまいましたけど.

その後折角だから風呂に入った後実家の体重計に乗ってみたのです.
そしたら体重58.9㎏の体脂肪率17.5%・・・
いやいやいやいや,たった二日で体重2㎏,体脂肪率6%以上増えるか?!
さすがにあり得ないだろう.
いくら実家だと飯がタダで食えるからって,どれだけ栃木で断食してるんだと言いたい,むしろ飯はいつでもどこでもちゃんと食ってるし.
しかし驚いた,体重はまだしも体脂肪+6%って.
体脂肪って良くあるのは腕で計測するのと体重計(脚)で計測するのが一般的だと思うんですが,この二つだと結構差が出る場合があるのです.
多分脚の方が元々筋力があって脂肪が少ないからじゃないかと思うんだけど,事実本当に身体全体の体脂肪率を量ろうとするとプールみたいなのにじゃぶん,って浸かって結構大掛かりにやらないと駄目らしい.
しかし実家のも自分の家のも脚で体脂肪を計測するタイプ.
なので,いくらなんでもそこまで誤差が出る訳無いはずなんだけど,一体コレは何なんだろうか・・・
体重計によって精度に極端に差が出る筈も無いし,良く見たら体重計のメーカーまで一緒だし.
つか体重計が違うだけでそんなに差が出るとなると,いくら健康に気を遣いましょうとか言われてもどっちの値が正しいのか判らないから,自分の身体が健康か不健康かも判らなくなるし.

体脂肪11%と17%じゃ思い切り違うっての,どうすりゃいいんだか・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/40-c4b9e67b
    この記事へのトラックバック