何気に車検一ヶ月前

2010年08月01日 23:29

2010年の9月が車検・・・,何と言うかこの時期の車検ともなると何か謀られたと言うか凄い複雑な気持ちだ。
何せ,今や旧政権(?)の亡き遺産とも言うべきエコカー減税の真っ只中,こっちがどんなに頑張って気合を入れつつ車検を通そうとしても少なくとも相手がクルマを売るディーラーの場合,絶対に「仕掛けて」くるには違いないのだ。
今回の車検を無事に通せば,とうとうインプはこれで満17年を文字通り「情け容赦無く」走り続けたことになる。来年にもなればともすれば,このインプよりも会社に入ってきた高卒の後輩社員達の方が生まれが遅かった,なんて一言聞けば冗談とも取られかねない事実が起こりそうになるのだ。
そう考えるとたかが一台のクルマ相手にも「歴史」を感じてしまってしょうがない,そうでなくともこの自分のインプが最初に工場を出て最初の乗り手に出会ったのは自分が12歳の時,つまり小学生の時なのだからそもそも乗っている自分からしても気の遠くなるような話だ。
そもそも12歳の時にはクルマになんか殆ど興味も無かったのが事実だと言うのに・・・,一体何の因果があれば私はこのインプに乗ることを決めたのだろうか,たかがクルマ相手に何言ってんの?と言われればそこまでだけど,当の本人がそんな縁を経験している為になかなかどうして因縁にも近いものを感じざるを得ない。

果てさて,スバルのディーラーからは既にその車検のお知らせが届いている,・・・勿論しっかりと「新車購入の際の云々」とか言うチラシも付いて,だけど。
やはり車検の時期は「売る側」からすれば格好のタイミングなのだろう,ましてや今なら同じインプレッサでも4ドアのSTI(しかも相変わらずなトヨタにしか見えないリアデザイン以外は結構良い)までデビューしたばかりだから,向こう様からすればやる気満々と言った風情だろうか。
ま,そんなものはほったらかして車検を通すこと以外まるで考えていない,ここまで引っ張っておいて結論はそれしかない。
「新車買うの?」と期待した人,人を甘く見過ぎです,出直してらっしゃい。
スバルからのお知らせはともかく,今回も特に意識もせずに直接ディーラーで車検を通してしまおうと思う。
安い方法はそれこそいくらでもありそうだけど,どうせなのだから餅は餅屋にしてしまおうと言うのん気な思考の結果だ。

あっちこっちにガタがきているのはもはやお馴染みとして,確実にどうするか考えないといけないのは①相変わらず音がするくらいガタガタになった運転席の窓,②滑ってないけど結構な勢いで削れてるクラッチ,の二本立てだろうか。
①も②も以前ココで記録したはずだから今更追記することも無いけど,結局は過激な戦場で武器をだましだまし使い込んできているのと同じ様な感じでどうにかなった,と言うよりどうにか「してきた」と言う方が正解だろう。
窓なんか本気でいつか落ちるんじゃないかと思っていながら,ついぞ富士の横Gでも落ちなかった。
クラッチも,よくよくトライしてみたらペダルの実は7~8割戻さないとようやく半クラにならないくらい「やって」しまっていた,半クラ⇒完全に接続までの"余裕代"はほとんど無いと言っていい。
これじゃ誰かがパッと乗った程度じゃ絶対エンストする。
正直ディーラーにも何度も行っているのに一度も指摘が無かったのが不思議と言えば不思議だ,MHFのフレ連中からですら「やばいんじゃね?」と言われている始末なのに。
滑ってなければ結局は操作上の楽かそうでないかの問題なのだろうか?確かに多少手荒に繋いだとしても,ショックが起きるとは言え滑る気配はまるで無いから「ガラスのクラッチ」とまで揶揄されたシロモノにしては正直かなり強靭だと思う。
実際の所ディーラー,しいてはメーカーに一定期間見て貰えるのは重要だと自分では考えているから,①・②含めてアラ探しは済ませておきたい,連休明けにでも一度叩き込んである程度は判断つけたいと思う処だ。
何も無ければすぐ終わり,あればあったで・・・コストとモノの重要度との比較でしかない,変な所にケチってクルマモロとも死体になる気はさらさら無い。
さて,向こう様の診断結果や如何に・・・と言った風情だ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/394-81f58f75
    この記事へのトラックバック