独り言と言うには

2010年06月18日 03:14

ツイッターとかグリーが結構(と言うより相当?)人気な理由も判らなくも無い気がしてきた今日この頃。
あの,一言一文だけポロッと文字通り「つぶやける」と言うのは,その場その場の雰囲気を著すのに適当だしそもそも長文化する必要も無いから非常にお手頃だと思う。

ブログなんかは元々論文でも載せているような(もっと言えば実名を出すのも標準的らしい)大仰と言うよりしっかりした体裁を持つものらしいから,日本国内のようにここまで日記的な,くだけたブログの方が珍しいと言うか事と次第じゃ間違った使い方になっているのかも知れない。
日記と言いつつしっかりとした論説とか主張があるなら充分ブログは成立するのだろうと思うけど,少なくとも自分の「INTERSEC」の場合はもはや日記と愚痴とあらぬ方向の趣味のオンパレードだから,恐らくは誰がどう見てもブログになりえてないんじゃないかと思う。

自分がココに書き込む場合いかなる内容を考えるにしても相応の時間と文章の多さを稼ぎ出してしまっている気がする,それも毎回のようにだ。
何と言うべきか,ブログに書き込む以上はそれ相応の文章量と内容が必要なのでは?と言う一種の脅迫概念まである気もする。
ブログ本来の役目からしたらそれが当然とも言えるし,所詮ココは日本だと言えば割り切っても良い気がする,毎度の優柔不断かつ中途半端な感覚だ,自分の人間性が実に巧く現れている。
この程度の内容でぱっと済ませて少なくともせめて日本的なブログにちゃんと見えるのだろうか,と思いつつ夜更かしの書きなぐりをやってしまった,明日有給なのだけどね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/384-6eeb72db
    この記事へのトラックバック