春の恒例行事

2010年03月28日 19:13

3月末と言う割にはまだまだ肌寒いのだけど,やる気のある内にと言う訳でタイヤをスタッドレスからラジアルに換えた。
タイヤ交換は所詮年に二回程度しかやらないとは言え,ここ数年はずっと自分でやってきたから今はもう大分手馴れた感はある,問題は自分の住まいがアパートの二階なので,タイヤとジャッキの上げ下ろしがかなりの重労働になってしまったこと位だろうか,前の住居は一階でしかも駐車場の自分のクルマの場所が部屋のほぼ目の前だったからその手の"搬送"作業はかなり楽チンだった。
それでもナットの締め付けなりジャッキの置き加減なりは,最初に自分でやりだした頃に比べればはるかに楽に適度な当たりでやれる用になったなと我ながら思う。

久々に見たラジアル,ダンロップ:DIREZZAももうほぼ3シーズン目位だけどまだスリップサインまでは充分といった感じだ。
このタイヤに変えてから哀しいかなサーキットには結局一度も行けなかったし,そもそも転勤してからの走行距離もあまり伸びていないので当然といえば当然だ,物持ちがいいのには別に越したことは無いけど,ちょっと詰まらない気もしなくも無い。
良く見ると何故か左右一個づつだけ石の噛み込みが酷いのに気が付いて取れるのは全て取り払った。
どちら側だろう?舵側:つまりフロント側の方が石を食いやすいのだろうか,それとも巻き上げた石を食うからリヤ側だろうか?
結局溝の残り加減はどちらも同じ程度だったのでローテーションまでは考えずに組みなおした。
インチも上がるしそもそも買ったときの姿がこれだったので当たり前なのだけど,やはりラジアルのこの様の方が似合っていると言うかしっくり来る,こっちの方が見栄えが良い。
格好良いと自己満足できる瞬間である,ジャッキアップでサスが伸びきっていたから微妙に車高が高くなるけど勿論これはすぐに元に収まる。
そうなればいつものインプの姿,な風情だ。
スタイル優先で無駄にインチアップしているクルマも多いけど確かに判らなくも無いなあと思う,「操舵性と乗り心地に悪影響が出ない程度に」と但し書きが個人的には欲しい所だけど。

数ヶ月ほったらかしたタイヤなのでさすがに乗り初めは明らかにエア抜けした,スタッドレスよりもグニャっとなる感じがしてすぐに洗車ついでにスタンドで調整した。
規定数値通りに調整すると今度は明らかに硬い感触になる,そして途端に轍に敏感になる。
でもステアリングは思ったより重くなってない,と言うより差が無い。自分の腕力でも上がったのかしら?と変な疑問が浮かぶ。
何せホイールもクルマ同様に相当前の社外品(レイズらしいが明らかに絶版;)だからインチ分しかり重いのだけど,ステアリングをぐるぐる切る限りじゃ違和感は無い,「こんなんだっけ?」と独りごちてしまった。

硬くなったとは言え足元は何となくしっかりした感じだからこっちの方が力感はある,悪い言い方だけどこっちの方がやはり「飛ばせそう」だ,オービスと白バイには良く良く気を遣おう。
ココは何せ車社会とは言え,かつての栃木とは警察のやる気が有り得ない位違う,何で栃木はあんなに監視の眼が無いのだろうか,今にして思うと事故が多いのは当たり前だと気が付く。
飛ばすついでにそう言えば知り合いの方々と春先にでもどこか訪れようと話をしていたのも思い出した。
たまに何か名所が無いか探しているとは言え,そろそろ本腰も上げるべきだ。
さて,今年の旅は何処へアシを伸ばそうか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/370-217e4a97
    この記事へのトラックバック