結局治したわが愛車

2006年12月20日 22:31

燃料ポンプが死ぬっていう事態は余程でないと起きない事例らしい.
相当な経年劣化とか(自分の場合はこれ)何かの拍子にポンプの電源の配線がやられたとか,そもそもエンジンが壊れるとか以前のレベルなので,滅多に壊れることはやはり無いらしい.
車検取ってから二ヶ月経たない内に完膚なきまでに止まってしまったものだから,ディーラーの連中もさすがに少々焦ってはいたようだけど正直ここばっかりは見付ける方が無理だとは思う.
現に不調だと気が付いていた自分でさえ,結局はエンジン周りから視点を変えることが出来なかった訳だし,たまたま一緒にいた同僚も「何か電気系統っぽいですよねえ」とやはりエンジン周りしか気にしなかった.
後,燃料ポンプは他のクルマの故障例にしてもやはりいきなり止まってしまうものらしい,駐車場から幾らか動かせたのが逆に不思議なくらいなのではないだろうかな.

幸い止まったのが週末の金曜だったので,そのまま土日で部品の発注・交換・再点検は済ますことが出来た,結局インプレッサは無事生還したのである.
そこから数日通勤に買い物にと一通り乗ってみたけど,「がくっ」と来る例の症状はすっかり影を潜めている.
未だ最も症状が出やすかった雨の日などを経験していないので,完治してるかどうかは判断が難しいのだけど,キーを回してアクセサリー(エンジンをかける一歩手前)にすると後ろからなにやら「ウイ~~ン」と音がするのは確認できているから,燃料ポンプは勿論そこへの配線も今の所問題無さそうだ.

にしても今回何がおっかなかったって,交差点の手前とは言え「自分が」渋滞を作ってしまったことだろう.
さすがに赤の他人にまで迷惑掛ける羽目になったのだから,考えさせられるものがあった.
まあ,ラジエーターにクラッチに燃料ポンプまで交換したからもう他にやられそうな所はしばらくは無い,と思う.
うん,まあ・・・・・・無いよね.
うん......
スポンサーサイト


コメント

  1. サムネ | URL | -

    ……ウォーターポンプ(ぼそっ

  2. ミヨシケ | URL | hNt4xKsw

    なにい~~

    聞こえんなあ~~~~!!(どっかの男に七つの傷をつけて恋人ぱくった挙句にビルから自殺した某南斗孤鷲拳の使い手風に).

    は,置いといて,電装系統は確かにどこも不安だったりします.
    モロに経年劣化する部位ですしね;
    正直な所,次来るとしたらエアコンじゃないかな~とか.
    この時期逝かれたら洒落になりませんが;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/36-1d3cff52
この記事へのトラックバック