オイル交換

2010年02月01日 01:04

気がついたらもうオイル交換した方が良い距離になっていた,年末年始からの止まったり止まらなかったりのドタバタ劇のせいですっかりとエンジンオイルのことを失念していたのだ。

ちなみにインプレッサ,今現在は相変わらずエンジンの不調を訴えそうな素振りも無く快調に私の通勤の足として,ドライブのお供として奮走してくれている,さすがにこの辺は夜中でも他のクルマ(とパトカー・・・;)がそれなりに多いのであまり気楽に飛ばせたりはなかなかしないのだけど,ぱっと踏んでみた感じでは至って問題無しと言った所だ。
但し,信号待ちからスタートする時とかパッと追い越しで加速する時に何となく重いな・・・やっぱ何かあるのかな・・・と思ってふと,ドアに貼ってあるエンジンオイルの交換記録を見たら結構良い距離だった。
我ながらその辺の感覚はまだ落ちぶれてはいないらしい,自分にしては上出来な感性だ。

今回オイルはどうしようか,毎回悩んでいる所でもある。
実の所自分はエンジンオイルで「この銘柄!」と言った感じのを固定できていないのだ,もう6年近くインプに乗っていると言うのに。
大体粘度は夏ならこの辺冬ならこの程度,的な目安は当然つけてある,これはクルマに依存するから自然と決まる。
後はそれに併せてブランド(気にする人は気にする)とかお値段(多分かなり皆気にする)とか合成が部分か全合成か(値段と粘度にも微妙に絡んでくるのでやっぱり気にする人は気にする)等等,こまめに交換するべき"消耗品"にしては見るべき選択肢は結構多いと思う,メーカーついでにハイオクかレギュラーか程度のガソリンとはそこが違う。
それでも全シーズン例えばメーカー純正であったりこの銘柄でずっと統一と言った風情で理由は人ぞれぞれとは言え固定できている人も相当数いるのじゃないかと思う。
ひるがえって自分の場合はまるでその逆で,純正だったり結構良いオイル入れてしまったり(そう言う時に限って通勤だけで距離を使い切ってしまう;)粘度以外は銘柄も値段も結構様々だ。
あれこれ試して楽しんでいると言えばそうとも言えるし,脈絡が無く浮気性と言われればそれもそうかも知れない。
もっと言えばそこまで浮気した所で,実の所粘度以外の差異を感じたことがあまり無いのだから始末が悪い,つまりちゃんと交換できればどれでも良いといえば良いのだ。
少なくとも通勤に徹しているような状態ならば純正オイルでも全く問題無い,純正ってそもそもスバルの純正なのだからそりゃ問題無くて当たり前なのだが;
ブランドや値段でそんな簡単に不調になるようならそもそもエンジンの方が異常をきたしているに違いないのだ。

例えばMobilRESPOは確かに何となく"イイ"感じがする,でも哀しいかな"何となく"だ。
フィーリングなんてカタカナを使えば格好は付くけど,結局良い値段したしとかブランドがブランドだしとか思い込みと言うかもはや刷り込みの世界になってるんじゃないかと毎回後から思う。
割と出番が多いのはGULFだと思う,でもこれも何かノリと言うかあのフォードGTとかのカラーリング的に選んでしまっている自分がいてミーハー振りが恥ずかしい;
勿論両ブランドとも,他のオイルメーカーも確たる実績があるからその中で"イイ"オイルは間違いなく"イイ"に違いない。
問題はそれを実感するのがサーキット走行とかは一切関係無く結構な酷使状況じゃないと難しいと言うことだろうか。
きっとかなりの長距離を走りぬいてある日エンジンをばらしてもかなり綺麗な状態だった,とかそんなものだ。

当面は街中をすっ飛ばすのが限界だからと今回は割とお手頃なものにしよう,但し最近の不調もあるから純正よりはちょっとよさげなのをと言う感じでまた今までとは別のを投入してしまった,何度目の浮気だろう・・・。
でもさすがに交換直後だけあって効果はてきめんだ,えも知れぬ心地よさとはこういうことを言うのだと思う。
結局その場のノリで決めてしまっても悪いことにはならないのかも知れない。
毎回そう思う癖に毎回量販店のオイルブースで小一時間悩まされてしまうのである,何とも頭の悪い。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/357-75785a88
    この記事へのトラックバック