おかげで早起きするようになった

2010年01月26日 21:33

ある意味絶不調の極致にいたインプレッサ,なのだけど最近はどうかと聴かれるとこともあろうに至って好調なのである。
何せディーラーのメカニックですらぶっちゃけ諦めた挙句に匙をブン投げて壁に穴を開けたようなくらいの珍現象だったから,この期に及んでいつ再発するか毎日がスリルの連続なのである。
御年17歳,すでに18年目の鉄人衣笠もビックリとも言えるご老体だから元々いつかは止まってしまうんだろうかと言う新車にはまずあり得ない(欧車を除く,実は今でも)不安を常に片隅に意識しながら乗っていたのは事実とは言え,ココ最近は「チューニング」と言う名の修理もまるで無かった(調整と言う意味では間違っちゃ無いのかも;)こともあってすっかり油断していたと言うのも否定は出来ない。
サンデードライバーならいざ知らず,問答無用で毎日通勤にもせっせと乗り込んでいるからいざどこぞで止まろうものなら難儀極まりないのである。

そんな難儀さを多少なりとも解消するべく,と言ってもせいぜい万が一の通勤の支障を減らすべく近所の駅から走る私鉄に合わせて年が明けてからと言うもの30分近く早起きするようになってしまった。
この時間帯なら万が一エンジンが掛からなくなってもそのまま駅に駆け込んで出社に間に合わせることが可能だと判ったのである,この程度の備えはしておかなくては。
そしてインプレッサに乗り込んだ際に,キーを一旦ACCEに停めて後ろの燃料ポンプの音を聞いてから火を入れる癖も復活した。
元々一度燃料ポンプが死んでから復帰した際に,バッテリー上がりか燃料系統かの見分け方としてディーラーから聞いたのが,そのポンプの起動音だったからだ。
ポンプが起動すれば電装系統は死んでいないので燃料系,逆ならまず何も音がしないし当然室内灯なども点かない。
何とも簡単な話だけど,そこまで知る必要は普段ならまずない。
ことがことだけに気にする人は滅多にいないだろう,と言うよりポンプの音なんか毎回聞いてる人がいたらほぼ同類じゃないか,十中八九お友達になれそうな気がする。

そんな乗り手の気配りと言うか覚悟の上を察したのか察してないのか,今現在インプの調子がぐずることは全く無い,本当に症状が引っ込んでしまったので安心やら潜伏期間的な不安もあるやら・・・。
ポンプの動きもセルの回り加減も毎日聞いててもあまりばらついているようには感じない,冬場の冷間始動らしく夏場より少々セルが回る回数が多い程度だ。
少なくとも普通に走ったり少々飛ばしたり程度では何も変化は無い,タイヤがスタッドレスなので妙にステアリングが軽いのとたまにふにゃっとした頼りなさがあるのはご愛嬌だ。
機会に治癒能力は無いのだけども・・・,しょうがないので当分はお祓いの効果があったものとしておくとしよう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/356-40da213b
    この記事へのトラックバック