またっすか!?

2009年12月29日 14:29

毎度お馴染みの様に今は福井は嶺北山中に潜伏…もとい帰省して全自動タダ飯のお世話になっているのだけど(但し食器などはセルフサービスです、ご了承下さい)、ここにきてまたしてもインプの燃料ポンプが死んだ、うんともすんともエンジンが掛からない。
ある晩に出掛けようとしてエンジンを掛けたのだけど、セルだけが「ガリュリュリュリュリュ…」と虚しくも空回りしているような音を立てるだけでまるでエンジンに火が入らない。
数年前のかつての惨事が頭をよぎる…、セルが回るし室内灯もばっちり点く、と言うことはバッテリーじゃない。

「と言うことは、燃料系か?」知り合いのつてで来てくれた整備士のおっちゃんのパッと出た結論もそれだった。
「ポンプが動いていないからたぶんそれじゃないか。」
いやしかし、燃料ポンプは何せ当時修理を完了したはずだ。
それがたったの3年で?にわかには信じられないのだが、曰くスバルの燃料ポンプが弱いのは有名らしい。
それにしたってたった3年かそこらで…、とあれこれ詮索のひとつもしたくなる、そもそもポンプ停止⇒停車確定フラグだからそんな簡単に止まる代物だったらいけないはずだ。
これにはちょっと納得出来ない、前回の修理の時も「よほどの劣化か何かないとまず起きない」と自分で聞いて書いたじゃないか。
けれども結局診断結果は「ポンプまで電源は入ってきてるから、間違いなくポンプが死んでる…;」。
どうやら修理と並行して調べてみる必要がありそうだ、タダでさえ年末年始で時間もあるようでないこの時期に痛すぎるのだがとにかく部品の手配は頼んでしまった、背に腹を変える時間も余裕も無い、本当は金も無いけど買い換える金ももっと無いから手段は一つだ。

おかげで、何の因果か連休中は再び亡き祖父さんのスプリンターを拝借して毎度鞭くれてやる日々となってしまいそうだ。
本当に何かあるんじゃないかと思ってしまう。
師走は本当に忙しない、余計な事で時間も暇も食われる。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/350-b4462a1a
    この記事へのトラックバック