売れ残りのケーキ

2009年12月25日 23:51

私の誕生日は12月25日,と言うことで幸か不幸か・・・本当に幸か不幸か日本特有とも言える12月24日のクリスマスイブの大盛り上がりが急激に冷めに醒めた翌日に,知ってる人に落ち着いて穏やかに祝われる。
これが最近の自分の誕生日の風景になっている。

しかしあっという間の28歳だ,聞き飽きたような台詞だけど社会人になってからのこの時間の早さは本当に信じられない。
一日が,一月が,そして一年が気が付けばはるか後ろだ,これは時間を有効に使えているから経つのが速いのか,逆に全然巧く使えていないから無駄に速くなっているだけなのか・・・。
休日に限れば明らかに後者の確率がでかすぎて困るのだけど,平日にしても朝起きて仕事に出かけて難儀な話ばかり出てきてどうにか夜に帰ってきて飯を食って風呂に入って適当にモンハンやり込んで後は寝る,これも有効かと言われたらはなはだ疑問だ。
仕事の内容はともかくまるで同じ平日の繰り返し,幸いなのは仕事を仮にも一定こなしている以上は社会的義務と生産活動は実行できていると言うことか。

この歳まで息災に過ごすことが出来たのは兎にも角にも立派に良かったことだ,有り難いことに「さっさとホトケになった方が」,と言う不幸かつ不届きな感覚にはならずに過ごすことには成功している。
とは言え「これで貴様も立派なあらさーじゃのう~,うっひょっひょ~♪」とうちのメガトロン様に言われてしまうと,何とも誕生日を喜んで良いのか老いて悲しむべきなのか・・・,身近な人に言われるとこれもまた良い感じに一発入ってしまう。
そもそもアラサーと言った所で所詮は30歳手前なのだから何の格好も良くも無い,無理矢理カタカナで逃げてるだけじゃないか,言われた本人はむしろガックリ来るんじゃないかと思う。
アラサーごときでこれなんだから,自分がアラフォーなどど呼ばれたときには・・・,その頃にはアラフォー自体死語かも知れないけど,下手したらもっと酷い言葉が出来上がっている可能性もある,恐ろしい。

さて,28歳になった一年がまたスタートする。
どんな一年になるか,いやどんな一年にするか,か。
考えれば考えるほど深みに嵌るこの迷路をどうやって進んでいくのか,それが判るのは結局また一年後なのかも知れない,願わくば今年より戻ってしまっていた,と言うことが無いのを祈るのみだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/349-87342c31
    この記事へのトラックバック