実は未だに続いています

2009年10月11日 19:10

今の部署に転勤になって一つ気にしていたのが「果たして泳げる所あるかな」だった。
つまりプールがあるかどうか,勿論家族向けなレジャー的なプールではなく,あくまで「競泳向け」なプール」が,と言う所が問題だった,それも会社帰りでも行けてしまうような距離と営業時間まで,書き出すとえらくわがままな条件付けだけどこうでもないとこっちでも自主トレが続く気がしない。
趣味と言うか習慣と言うのはそう言うものだと思う。
そして意外とこの「競泳向け」と言うのがあるようで無いのだから悩ましい,最初に行った所は競泳向けでも殆ど小学生とかのスクール向けの所で,一般開放のエリアはかなり限られているのが難点だった。
だから狭いエリアに良い歳こいた連中がわさわさとせせこましく泳ぐほかなく,遠泳型の自分には相当辛い。
しかも子供向けのせいか水温が異常に高いのも困った,はっきり言ってぬるい風呂並じゃないかと思うくらいだ。
光熱費だって捻出するの大変だろうにとかいらぬ心配までしたけど,あまり水温が高いと遠泳には相当辛い,マラソンで曇り空の方が良いと言うのと同じことだ。
3~400m程度泳いだ辺りで水が身体に纏わりつくような感触になってどうにもきつい。
と言う感じでそこはすぐに諦めた。
そして二つ目に見つけた所は完全に家族向け,レジャーの類のタイプ。
となると当然競泳エリアはあっても小さいものだし,そもそもそうでなくても人が余りに多いから自分のようにのん気にグダグダと泳ぐ気にも全然なれなかった。

これはいよいよジムにでも行かないとダメなのか・・・と少々思案に暮れて繋がったばかりのネットで見ていたら,しれっと新しく温水プールが出来ているのを見つけた。
こう言うのがあるからネット依存症は止まらない,何せインプのナビではもう3年以上前の地図だから検索しても引っ掛かりもしなかったのだ,隣接する運動公園ならどうにか発見出来たのだけど,リアルタイムの威力はこんな時に絶大だ。
ともあれ新設のプールなので設備もかなり綺麗だし,何より良いのはそこが常設で50mプールであることだ。
栃木での経験上,ゆっくりでも長距離をこなすなら25mより50mの方が断然良い,ターンの回数が単純に半分に減るし,50m先までしっかり進めなければいけないという意味で精神的にも長距離をこなす感覚になるからだ。
栃木で行った50mプールと同じでここも競技用だから水深も2m級で深い,足場はあるものの油断すると本気で溺れそうだからその意味では要注意だろう。
一度泳ぎきって一息つこうと思ったら一気に足場から落ちてしまい焦った,下手に溺れています状態になると二度と泳がせて貰えないかも知れない。
さすがにそんな本格的な所だから「100m以上泳げない方は入れません」としっかり但し書きが付いている。
栃木と違うのは立地がかなり良いせいか,そんな本格的にも関わらず人が結構いることだ,大抵1レーン二人位は泳いでいる。
但し,自分のようにひたすら遠泳に徹する人は意外とマイナーなのか,大半はスプリントで50~100mのようだから,私のような鈍足スイマーでもそうそう渋滞を作ることは無く済んでいる。

おかげでかなり快適に水泳を続けることに成功しているのだけど,唯一の難点はそこのプールが1時間に付き10分の休憩を必ず入れることだろうか。
つまり連続で泳げるのは良くても50分でしかない,「でしかない」と言うだけに元々1時間=60分は行ける時は平気で泳いでいたからラストの10分追い込みが効かないのは少々物足りない。
自分の遠泳速度がまだ2km/hだから50分では行けても1.8km程度,切りも悪いのだ。
ここは努力して50分で2km目指せと言うことなのだろうか,たかだか200mが相当重いのだが。
ひとまず,しょうもない所でのストレスの発散場所は確保できたので一安心と言う所だろう。
ようやく週一回から週二回へとリハビリも本格的に出来そうなので,もちっとペースアップして行きたい所ではある。
週一回は鈍るのよね,マジで;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/336-72c55c84
    この記事へのトラックバック