効いたかどうかは神のみぞ知る

2009年10月04日 20:07

私の場合,美容室ではなく床屋派だったりする,つまり軒先にあの見慣れたクルクルがあるお店の方が何だかんだ言って落ち着いてしまうのである。
元々丸坊主にも等しい程度の髪型にしかしてないこともあって,美容室に行くほどの努力もあまり感じないと言うのが一番の理由でもあるのだけど。
そんなこんなで毎回髪の毛が伸びたら床屋のお世話になるのだけど,所によっては途中で何故か肩を揉んでくれる所もある,あれっていつから出来たサービスなんだろう。
ちょっと前まではそんな店が皆無だった気もする,たまたま自分の行く床屋が全部やってくれてただけなのかも知れない。

で,折角なので床屋の肩揉みにのん気に身を委ねては見るものの,毎回「かなり張ってますね・・・;」と言うあまり有り難く無いご指摘を食らってしまう。
言われてから気が付くと言うか正直あまり自覚が無いので「そ,そうですかね?」と返すのがやっとなのだけど,ついこの間引っ越してから行った新しい床屋でも言われてしまった。
で,人間とはいい加減なものでこう言われてみるとそうか,私は実は肩が凝っているんだな,そう言えば何か肩が重い気がするのだけど実は肩が凝っているんだな,と如何にもそうだと思い込み始めるからややこしい。
かつて学生時代に誰かが半分冗談で肩を揉んでくれたのだけど「これは凝ってる凝ってないの問題じゃない,肩に筋肉なんか無いじゃねえか!! 」と悪いこと何もして無いのに半ギレされたことがある,そんな怒られても・・・。
その時点から今に至るまでおそらく自分は肩こりにはならんのだろうと言う思い込みでもしてしまったのだろう,それを今の今まで引っ張ってしまったのがそもそもの問題なのかも知れない。

ともあれ肩が凝っているのは間違い無さそうなので,と人生初整体に掛かってみた,りらくぜーしょんとか言う奴ですな,はい。
当然ながらこの手のが本当に本当なのかはお題の通り,「神のみぞ知る」と言った所だろうか。
たまたま買い物に行ったショッピングモールの3階にそれらしき店があったから,ふと床屋での顛末を思い出して暖簾をくぐってみたのだ,魔が差した,よりはまだまともだった気がする。
床屋さんがやってくれたのと大体同じ辺り,肩と首の交点からちょっと肩の方に離れた辺りをグッと押さえられるとやっぱり痛い,思わず身体の四隅がぴくっと反応してしまう。
さすがに痛すぎるので少々緩めて貰ったのだけど,それでも痛い,本当に結構やばいんじゃないか,大分凝ってるんだなとやっと実感出来たような感じだ,鈍感にも程があると思うが;
結局「背中と腰も結構きてますよ」と言われ,PCのディスプレイがお友達な職業じゃこうなってしまうのかなと諦めたようなそうでもないような・・・,ひとまず判ったのは運動しても肩の凝りが取れるわけじゃないと言うことだろうか。
プールなんて肩の可動範囲もそれなりに大きいから良いんじゃないかと思ってたけど,どうもそれとこれとは別らしい,もっとも肩こりが圧倒していてそんな運動程度じゃ戻りきらないとも言えなくも無いけど。

最初だったのでぱっと20分コースで終えた。
けどやはり肩は・・・何となく軽い,気がする・・・,少なくとも張りは減ったんだろう,力を抜くとストンと肩が楽に落ちてくれる,多分多少は効いたのだろう,さすがに肩が軽いと言うほど劇的じゃなかった。
その意味では今回行った所は少なくともヤブでは無かったのだろう。
いっそ店にだまされた気になって延長しても良かったかも知れないとも思った。
もうちょっと揉んで貰って肩が軽くなった・・・「気が」すれば効果としては充分じゃないだろうか。
次があるかどうかは何ともいえないのが本音でもあるけど・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/335-c98c09a4
    この記事へのトラックバック