再び漕ぎ出すは電脳の海

2009年09月21日 19:27

と,言うことで。
結局無事にネット再開と相成りまして,随分と久方ぶりの記録になります。
引越し完了してから約二週間なのだけど人に言わせると割と早いらしい,確かに早いといえば早そうだし,そうでも無いといえばそうでも無い気がする,まあ遅くはなかったと言うことにしよう。
引越し自体は何度か経験しているものの,やってみれば結局ドタバタしてしまったと言うのが現実だった。
結局書類の提出とアパートの鍵を貰うのと自分がそこに住むのが全て同時になってしまったのだから,家主からすればまさにはた迷惑な住人だったに違いない。
ホント,良く引越し成功したと思う,「成功」って表現したくなる位一瞬ヤバイかもと覚悟したのだから。
引越しの時は自分はインプに乗って直接移動して来たのだけど意外なほど距離はあった,ざっと600㎞ほどだろうか。
週末の昼間なんかに移動したので首都高速なんか完全に渋滞して余計に時間が掛かったのも事実なのだけど,正直予想外に長かった,中央道方面の方が速かったのだろうか。
これのせいもあってドタバタに更に拍車が掛かってしまったのだが;

そんな感じでどうにか引越し完了して二週間。
そしてその二週間,ネットは当然ながら実はTVも新聞も何も見てなかった,つまり会社か買い物で出る以外は外界から完全に断絶したも同然だった。
結果何かエライ目にでも遭ったかと言うと,全く何も遭わなかった
ここまで断絶すれば何か凄いことが起きてそれに乗り遅れるだろうかと変な期待までしたのに,気が付けばせいぜい鳩山政権?が誕生した位で何も無かった。
インフルエンザの死者が何万人になったとか北朝鮮が攻めて来たとか鳩山政権が早くも潰れて日本が共産主義になったとか実は今日から自動車は右側通行になるとか,なんかあるかなあと思っては見たものの何も無かった。
正直「なんだこんなもんか」だった,二週間で何かあるのを期待しても仕方ないのかもしれない。

そんなどうでもいいことを考えつつも,仕事自体はやることはさほど変わってないということもあって割とすぐ慣れ直して来ている。
生活自体も元々一人暮らしには慣れきっていたから,さほど違和感も無い。
そしてそんな生活基盤である新しい我が住処は広い,と言うかもはや広すぎる・・・,本当に8畳かこれは,測ったらしっかり8畳だったのだけど。
今まで済んでいた所は確かに広いと思ったことは無かったものの,いざ出てしまうと実はやっはり狭かったんだなと痛感する。
とにかく今の部屋は収納も台所から洗濯場に至るまであらゆる所に罠の如くあるので,その狭い部屋に押し込んでいた荷物がアレヨアレヨとほぼ全て収まりきってしまうのである,本当に吸い込まれるかのようとはこのことだ。
そしてやりようの無くなった自分はしょうがなく部屋のど真ん中にちゃぶ台とPCを置き,片隅に布団と本棚を本当に申し訳無さそうに配置するしか手が無かった。
なので電話なぞしていると相手から「なんか声が響いて無いか??」ととんでもないご指摘を食らってしまう有様である。
いつぞやに「お前の部屋には生活感が無い」とこれまた恐ろしいご指摘を食らった経験があるのだけど,実は今それに匹敵しそうなレベルなのかも知れない,物が無いのは確かに事実なのだ。
とりあえずちゃぶ台の周りをウロウロと自分の身体を周回軌道に乗せることはもはや造作も無い位余裕がある。

そんな感じでたかだか転勤如きで自分の性根に人生観まで変わる訳はやはり無かったのである。
とかく,外界と断絶していたおかげであれこれと早くも色々経験する時間は出来たので,しばらくは書くネタには困りそうにも無さそうだ。
スポンサーサイト


コメント

  1. ねむ2 | URL | OpaojidI

    確固たる自我

    > そんな感じでたかだか転勤如きで自分の性根に人生観まで変わる訳はやはり無かったのである。
    「自分の性癖」と空目した。
    変わる訳はないか。そうだね。

    何はともあれお帰り。

  2. ミヨ=シケ | URL | hNt4xKsw

    Re: 再び漕ぎ出すは電脳の海

    「性癖」でも間違いは無い。
    転勤如きで変わる気は・・・しないものね。

    少々二輪では辛くなってしまったけど,名古屋通過の折には是非もてなさせて頂きます。
    今度は落ち着く温泉下呂温泉ですかねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/333-7b243a13
この記事へのトラックバック