休み前のオイル交換

2009年07月29日 23:40

お盆休みの帰省前にインプのオイル交換を済ませてしまうのもここ数年でほぼ定番になりつつある。
何せここから実家までが片道で700km強,実家からあれこれで掛けて休み明けに戻ってくれば一気に1,500~2,000kmにまで下手をすれば乗ってしまう。
ここまでの距離をこなすのだから,例えば帰省してからとかその逆で実家から戻ってからだと,微妙に距離を過ぎてしまうことが多くて到着前に丁度調子が落ち気味になってしまうことが多かった。

ので,ここは大人しく帰省前にあらかた済ませておいた方が良さそうだと言うのが今の所の結論だ。
さすがにインプの古臭い,しかも過給器つきのエンジンではオイル交換をした所で燃費が良くなることは早々無い,エコカーブーム(と言うほど至る所で売れてもいないと思うけど)とは何せ無縁なこのクルマで燃費を狙うのもまあ無茶な要求と言うものだろう。
但し,エンジンそのものの調子からすればやはり劣化したオイルとそうで無いオイルとの差はそれ相応に明確だと思う。
勿論体感できるほど極端にパワーの差を感じることもなかなか無いと思う,実際今の所2,500kmほど走っている割にはあまりオイルの劣化の印象も受けない。
でも例えば信号待ちからのゼロ発進やふと追い越し車線での加速,或いはエアコンを点けてパワーを食いだすような条件に置かれるとなかなかこれが少々どころではない差を感じる。
やはり少々出力が落ち気味になるのは間違いないようだ。
ついでに言えばやはりオイルが劣化しだすとレブの感触自体は結構荒く感じるようになるから,良いことではないのだろう。

オイル交換はオイルの質より交換頻度。

これには全く同感だ,3,000kmと言う数字は自分のクルマには少なくともかなり現実的な数字だと思う。
自分のように基本が通勤街乗りとロングドライブではそこまで過酷な条件じゃないとは思うので尚のこと,そこまで質に拘る必要は無い。
感覚的に良いオイルを交換した方が劣化を感じるタイミングが少々遅れてくれているかな?そんな感じだから,実の所無理もせず純正でも何の問題も無いと思う。
夏場だけに熱が怖いので,純正の5W-30よりは少々高め(大体が5W-40)に振ったほうが良いかなとは今までの経験上感じているので,後は帰省の長距離遠征向けとでも銘打っているオイルにしておけばまず問題ないと思う次第だ。
オイルの種類銘柄を選ぶことは結構面白いので,¥に無駄が無い程度にさっさと交換を済ませてやりたいと思う。

この際,エコカーなんて流行の言葉ばかり聞かずに今の自分のクルマの調子と燃費をちょっとでも取り戻すべく,今までやって無いオイル交換なんか皆様実施してみては如何でしょうか?
・・・なんて,一番やらさ無きゃいけないのが実家の両親のクルマじゃないかとかなり不安でもあるのだけど・・・;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/325-fbf086b1
    この記事へのトラックバック