史上最強の死亡フラグ

2009年06月29日 22:20

洗車した翌日には必ず雨が降る。
もはやマーフィーの法則なんか知らない人でも十分知っているんじゃないかと言うこの金言。
多分面倒臭がりとかの性格を別とするにして,自分のクルマを洗車するか全くしないかの基準はこの金言にあるんじゃないかとさえ思う。
折角十分な労力と時間と手間と,場合によっては愛情まで掛けて至極丁寧にしっかり洗ったというのに,その翌日の下手をすれば朝には土砂降りで一切無かったことにされてしまう。
ここまで理不尽な現象を食らってもなおきっちり仕返しの如く雨に打ち勝つように洗車しまくるか,はたまた一気に萎えきって全てを放り投げて年に一度の洗車機か車検の時にディーラーに任せてしまうか(つまり二年に一度・・・;),個人的にはどっちの気持ちも良く判るしどっちの主張にも理解できてしまう。
自分は哀しいかな,その両方の心境にまさになったことがあるのだから。

とは言え何せ秋にどうにか自分の手で洗いきった後,雪も降る冬場をたまの洗車機だけで凌ぎつつ結局半年・・・いやそれ以上に洗車をせずに過ごしてきてしまった。
しかも季節は今をときめく大雨の梅雨(今年は結構多いと思う;)。
せめて春先にでも一度洗車できれば・・・と後悔しつつ改めてインプを眺めてみると,まあ何せ酷い有様なのでありました,やはり雨雪は汚れる。
と言うことで,こんな梅雨時期に止せば良いのに一度やる気に火がついてしまった自分は実に久々に洗車を自分の手で実行したのである。
この手のやる気をもっと別の有効な所に・・・とは言ってはいけないのである,断じて。
まあしかし,汚れの進行は思ったより酷かった,そして例によってか帰省の長距離移動も重なってまたしてもボンネットやバンパーには飛び石と思しき小傷の数々が・・・,本当にまあじっくり見ると改めて自分のインプが歴戦の老兵だということを思い知ってしまう。
正直毎回見るたびに地味に痛んでいる様を見ると凹まずにはいられない訳である,腐っても愛車はまさに愛車。
サーキットとか走ってる訳でも無いけどドライブが多い以上は酷使には違いないのだろう,ボディのリペアなんか本気で考えても良いのかも知れない,そんな¥は全く無いのだが・・・。

兎にも角にも,そんな感傷に浸りながらも半年振りの洗車作業を地道に進めていく。
天気も悪くないし時間にも余裕があるからか,久しぶりにしては滞ることもなくすんなりと終えた。
ワックスに関しては毎回難儀しているのだけど今回も難儀してしまった,どうにもムラなく綺麗に・・・とはなかなかそうは問屋も餅屋も卸してくれないようだ。
まあ十分綺麗にはなった,ような気がする。

さあて,ここまでやっただけなら何ということもなかったのだけど,やはり法則は法則だった
この記事を書いている時点で既に外はである。
何か殴れるものが有るなら殴った方が良いのかも知れない。
さて,このまま復帰した自分のモチベーションが次にもしっかり発揮されてくれるだろうか,とにかく萎えてしまいそうである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://miyoshikeej20.blog75.fc2.com/tb.php/321-39065182
    この記事へのトラックバック